11月の更新情報


【作品解説】パブロ・ピカソ「睡眠」

睡眠する横顔は、赤と緑の2色の大胆で強烈なカラーの間で完結に表現される。黒い太い墨のような輪郭線はフォーヴィズムを思い起こす。 

 

アートワールドに「芸術運動(art movement)」追加

「芸術運動(art movement)」は、特定の共通した芸術哲学や目標を持った芸術の傾向・スタイルのこと。芸術運動は普通、設立者または批評家などによって定義された哲学や目標のもと、限定された期間(通常は数ヶ月、数年、数十年)内で、継続的な活動が行われる。

 

ジャン・メッツァンジェ「セクションドール」

フランスの画家、理論家、作家、批評家、詩人。アルベール・グレーズとともにキュビスム理論体系の創設と発展に貢献

 

フェルナンド・レジェ「抽象絵画からポップアートへ」

フランスの画家、彫刻家、映像作家。初期作品はキュビスムから派生した個人的な形態の強い作風で、円筒形や円錐形をよく使用していた。

 

【完全解説】ロベルト・ドローネー「オルフィスム」

ロベール・ドローネー(1885年4月12日-1941年10月25日)はフランスの画家。妻のソニャ・ドローネーらとともに、強い色味と幾何学的模様が特徴のオルフィスム運動の共同創立者として知られる。

 

【完全解説】フランシス・ピカビア「芸術体験の万華鏡」

フランシス・ピカビア(1879年1月22日-1953年11月30日))は、フランスの画家、イラストレーター、詩人、タイポグラフィスト、雑誌編集者。

 

近代美術とは

近代美術(モダンアート)は、実験精神を重視し、過去の伝統的な美術様式から脱しようとした思想や様式を抱いた芸術作品。

 

【作品解説】パブロ・ピカソ「ゲルニカ」

「ゲルニカ」は、スペイン市民戦争に介入したナチスドイツやイタリア軍が、スペイン・バスク地方にある村ゲルニカの無差別爆撃した出来事を主題とした作品。

 

【作品解説】マルセル・デュシャン「泉」

「泉」は1917年にマルセル・デュシャンによって制作されたレディ・メイド作品。セラミック製の男性用小便器に“R.Mutt"という署名と年号が入れられ、「Fountain」というタイトルが付けられている。

 

【作品解説】アンリ・マティス「ダンス」

「ダンス」はアンリ・マティスによって制作された油彩作品。1909年版「ダンス(Ⅰ)」と1910年版「ダンス(Ⅱ)」の2作品が一般的によく知られています。

 

【完全解説】シンディ・シャーマン「80s」

1980年代からこれまでのモノクロ写真からカラー写真に転向します。1980年に手がけた「リアル・スクリーン・プロジェキション」がシャーマンの最初のカラー作品シリーズで、出世作である「アンタイトルズ・フィルム・スティール」を発展させた内容となっています。

 

【完全解説】ジョエル・ピーター・ウィトキン「アウトサイド・ファンタジー」

死、死体(ときどきバラバラ死体)、小人、性転換者、両性具有者などのアウトサイダー、畸形の人たちを被写体に、それらを宗教的なエピソードやクラシック絵画を彷彿させるオブジェや小道具と組み合わせる。

 

【作品解説】アンリ・マティス「赤いハーモニー」

「赤いハーモニー」は、1908年にアンリ・マティスによって制作された油彩作品。180cm×220cm。1908年から1913年にかけてのフォーヴィスムの時期において、最も完成度の高いマティス作品。別名「赤い部屋」呼ばれることもあります。

10月の更新情報


 

【完全解説】シンディ・シャーマン「コンセプチュアル・セルフポートレイト」

シンシア“シンディ”・モリス・シャーマン(1954年1月19日)はアメリカの写真家、映画監督。ニューヨーク在住。さまざまな表現方法によって、社会における女性の役割や表現を、重要な問題を提起しようと挑戦的に努めている。

 

映画「ねぼけ」監督 壱岐紀仁インタビューPart2

芸術家であり民俗学者でもある映画監督が探求する世界とは。

 

■ロジャー・バレン「アフリカ最貧困家庭のシュールな風景」

ロジャー・バレン(1950年生まれ)はアメリカの写真家。1970年代から南アフリカ、ヨハネスバーグに移住して、生活をしている。

 

パリの大美術館「エスパス・ダリ・モンマルトル」

エスパス・ダリ・モンマルトルはフランスにあるサルバドール・ダリの美術資料館。パリのモントマルトル地区テルトル広場の近くにある。

 

【作品解説】ジョルジョ・デ・キリコ「愛の歌」

キリコ作品の中で最も有名なものの1つであり、形而上絵画の代表的作品。描かれているのは古代ギリシア彫像の頭、ゴム手袋、緑のボール、暗闇に包まれた列車とそれと対照的な青空。

 

【作品解説】ジョルジョ・デ・キリコ「通りの神秘と憂鬱」

「通りの神秘と憂鬱」は1914年にジョルジョ・デ・キリコによって描かれた油彩作品。87×73cm。個人蔵。

 

【作品解説】マルセル・デュシャン「階段を降りる裸体 No.2」

「階段を降りる裸体No.2」は、1912年にマルセル・デュシャンによって制作された油彩作品。147 Cm × 89.2 Cm。