【ガロ】花輪和一インタビュー3「ほかのマンガ家」

花輪和一インタビュー3

ほかのマンガ家


(出典元:ガロ1992年 5月号)

編集部:花輪さんも丸尾さんも、描きあがった原稿を見ると、隅から隅まで描き込んであって、ものすごい時間がかかりますよね。


丸尾:あれは要するに空間恐怖症なんですよ。画面に白いところがあれば効果的だって分かっているんだけれど、白い部分があると不安になってくる(笑)。とにかく絵が四角く閉じ込められていないと安心しないんだよね。 花輪:あ、そうそう、ガロに描いているころ、枠の中に吹き出しがあるでしょ。あれが何か邪魔でさ。全部絵を描きたいと思っていた。


丸尾:なんかそれをさ、職人根性とかサービス精神とか解釈するんだけれど、そうじゃないんだよね。ただの空間恐怖症。楳図かずおとかギーガーなんかもそうじゃないかな。

 

編集部:じゃあ、白っぽいところが多い人のマンガなんか見るとダメ?

 

丸尾:いや、自分には描けないからいいな、と思いますよ(笑)。 

 

編集部:他人のマンガなんかは、どういうふうに見ていますか。 

 

花輪:ぱんこちゃんは面白いですね。少女の感性で描いていて。 

 

丸尾:僕は山田花子さんが好きだね。女の人のマンガでは一番好きなんだよね。

 

花輪:あと、根本敬さんの村田藤吉さん好きですね。それに根本さんのマンガに出てくる小さいメガネをかけたオヤジ。全然怖いものなしでしょ。憧れますね。ああいう感じ(笑) 

 

編集部:花輪さんは、確か吉田戦車さんも好きだったんですよね。「伝染るんです」なんか。

 

花輪:そうそう。あれ。モロに俺の事描いているような気がするよね。包帯少年って出てくるでしょ。あれなんか感情移入できる(笑) 

 

丸尾:斎藤さんは?カブト虫の。すぐ泣いてブーンって飛んで行くやつ。 

 

花輪:ああ、あれは凄く理解できるよ。のどちんこの見える泣き方が凄く気持ちいいというかさ、思い切り泣いてくれて嬉しいよね(笑)。あのマンガはスーパーで立ち読みして、いつも笑っていたよ。全部理解できちゃうんだもの(笑)。