小林美樹 ポートフォリオ 2007-2012

埼玉県川口市が誇る画家の星、小林美樹さんのポートフォリオ集。座敷童子風のおかっぱの子どもとシュールレアリズム風な具象画が特徴的。このポートフォリオ集に収録されている作品は2007年から2012年までの彼女の作品。

 

小林美樹さんの作品に初めて出会ったのは、特に何か情報を聞きつけたわけでもなく、ただトーキョーアートビートの「近日スタート」のページを見ていたら、「これはいい!」という絵に出会っただけのこと。そのときから絵のコレクションをしています。最初に出会った絵は、今でも彼女の代表作といえる「人力電車、走る」。子どもが先頭にたって、あまり生気の感じ無い大人たちを引っ張ている絵が非常に強烈だった。本人談によれば、「積み木の遊び場を遊んでいるだけ」ということですが、個人的には、墓場を子どもが大人を引き連れて突撃しているように見えました。