エブティサーム・アブドゥルアジーズ

エブティサーム・アブドゥルアジーズ

1975年、アラブ首長国連邦、シャルジャ生まれ。同国のドバイ在住。

作品名:<リ・マッピング>

 

この作品は、数学的な変換に基づく幾何学的図形による、アラブ周辺国の経済成長と芸術の受容度を表す立体地図です。まず、国名のアルファベットにA→1、B→2、……Z→26と、1から26までの数字を対応させ、2つの数字を対にし、座標平面に1つの点としてプロットします。次に、点と点をつなぎ、得られた図形を各々の国として配慮することで、新地図が生まれます。それを立体化すると作品が完成しますが、各国の高さは、その国や美術館やギャラリーの数など美術の活況により決められています。今日のアラブ美術界の記録ともいえるこの立体地図は白く発光しています。それは経済成長に沸くドバイの夜景をも彷彿させ、美術界が経済発展と不可分であることを示唆するものです。