【作品解説】マルセル・デュシャン「ローズ・セラヴィよ、何故くしゃみをしない?」

ローズ・セラヴィよ、何故くしゃみをしない? / Why Not Sneeze Rrose Sélavy?

この小さな鳥篭は角砂糖で一杯だ…


マルセル・デュシャン「ローズセラヴィ、何故くしゃみをしない?」(1921年)
マルセル・デュシャン「ローズセラヴィ、何故くしゃみをしない?」(1921年)

概要


「ローズ・セラヴィ、何故くしゃみをしない?」は、マルセル・デュシャンによって制作されたレディ・メイド作品。修正レディメイドの1つ。デュシャンのコレクターであるキャサリン・ドライヤーによる依頼で、妹のプレゼント用に制作されました。11.4 x 22 x 16 cm。フィラデルフィア美術館所蔵。1963年と1964年にレプリカが制作されています。

 

角砂糖のようなたくさんの大理石の立方体、温度計、そしてイカの甲が、手ごろな大きさの古い長方形の鳥篭の中に詰まっています。 この作品に残されたデュシャンのサインはデュシャンの女装用のペンネーム「ローズ・セラヴィ」(Rose Selavy)。それが「ローズ・セラヴィよ、何故くしゃみをしない?」です。

 

デュシャン自身は、次のような解説を残しています。

 

「この小さな鳥篭は角砂糖で一杯だ…しかし角砂糖は大理石でできていて、鳥篭を持ち上げた時には予測できなかった重さに驚かされる。/温度計は大理石の温度を示すためのものだ。」

 

詳細な解説は残されていませんが、さまざまな憶測がされています。たとえば、制作依頼者であるキャサリン・ドライヤーはキュビズムのパトロンとして有名でした。大理石の立方体はキュビズム=ヨーロッパ芸術=キャサリン・ドライヤーの好みのことを指していると思われます。また、152個の大理石にはMade in Franceの刻印が押してあるのですが、152とは英知的な意味があるようです。

 

ずっしりと重い大理石は、同時に角砂糖にも見え甘そうです。その甘さは快楽や女性を暗示し、また女性とは、女装したローズ・セラヴィであり、デュシャン自身のことでもあります。

 

そして鳥篭から半分はみだしイカの甲は大理石と同じ石灰質。しかし鳥篭から脱出しようとしいるところから、角砂糖と似て非なるものであることを主張したい。そのイカの甲もまたデュシャン自身でもある。

 

つまり、ヨーロッパ芸術世界からニューヨークの新しい世界へ脱出しようとしているデュシャン自身を表現した作品だといわれます。

 

また、イカの甲はフランス語では「Os de Seiche」で、甲=「Os」は発音は[O]であり、[O]はゼロともいえます。温度計には普通、摂氏と華氏の目盛りが付いていますが、摂氏0度とは華氏32度。0度か32度か分からない、評価(温度)の分からない私はくしゃみができない。

 

くしゃみをするという観念とくしゃみをしない?という観念との間には、はっきりした隔たりがあります。なぜなら、人は結局のところ、自分の意思でくしゃみをすることはできないのです。kすはみというのは、たいてい意に反してしまうものでしょう。

 

ローズ・セラヴィ(マルセル・デュシャン)は、ヨーロッパで不遇扱いされている。この鳥篭から飛び出しニューヨークへ向かうというようなことかもしれません。

 

この作品は300ドルでキャサリン・ドライヤーの妹に販売しましたが、彼女はこの作品が気に召さず姉のキャサリンに転売しました。キャサリンも短い間しか所有せず、同じ値段でアレンズバーグに譲ってしまいました。

<参考文献>

Why Not Sneeeze, Rrose Selavy?

・マルセル・デュシャン展 高輪美術館 西武美術館