近藤聡乃「果肉」

「果肉」は、2008年にミヅマアートギャラリーにて開催された近藤聡乃の2度目の個展である。本展ではすべて油彩の作品で構成されており、画家、そして美術家としての近藤聡乃の実力が遺憾なく発揮されている。

これまでのマンガ家、アニメーション作家としての近藤聡乃から、境界線を超えて本格的に「美術」の世界に踏み込んだ転換点であるといってもよい。近藤がアニメーションから絵画に移行した背景には、アニメーションに対する懐疑がある。

 

近藤は前回の個展でアニメーション「てんとう虫のおとむらい」を発表したが、その後、約3000枚からなる動画を改めてその3000枚を見返したときに、「1枚の絵」として成り立っているものがほとんどないことにショックをうけ、その薄っぺらなものの蓄積であるアニメーションにも違和感を覚えるようになったという。

また、コンピューター上で背景と合成された絵の物質感のなさは、今まで何を描いていたのかという漠然とした不安を彼女に生じさせ、枚数よりも存在感のある1枚を描きたい、という思いが絵の具を積み重ねて描いていく油彩に着手するきっかけになったようだ。

本展のテーマは「人と植物の交わり」ですある。それは人間が植物を食べ、逆に食べられ、また果実が人間の内臓の様子をていしてと、「人と植物の中間のもの」という意味でもある。それは近藤の表現の核である「曖昧性」を表現したものである。

果実とおもわれるものが、女性器のようにもみえ、その左右対称の形態には自顔が写り込んでいる。この技法は美術史的な文脈でいえばサルバドール・ダリが使っていたシュルレアリスム表現的「偏執狂的批判的方法」である。偏執的批判方法とは、ダブルイメージである。「○○が○○に見える」というものである。ダリの作品の特徴は「凝視」による現実の変容である。ダリが描く風景は地中海の強い光と乾いた空気のなかの岩山や砂絵だが、ダリはこの風景をジッと凝視するうちに風景が変容して超現実が現れてきた。

 

近藤のアニメーション作品で、よくボタンが虫に変化したりするが、絵画で表現するとこのようなシュルレアリスム手法を利用することになるようである。日本でほかにあるモノがほかのモノや自分に見える表現する作家としては、石田徹也が挙げられるだろう。

 

<関連リンク>

サルバドール・ダリ「偏執狂的批判的方法」

石田徹也「モラトリアム青年画」