229 藤原由葵

今日紹介するシュルレアリストは、藤原由葵さん。シュルレアリストの巨匠サルバードル・ダリのような具象シュルレアリスム絵画を描く作家です。

 

おそらくダリと同じく「凝視」もしくは「デペイズマン」的な手法で表現しているかと思います。

 


藤原さんの作品に初めて出会ったのは佐藤美術館でした。上に添付した作品が展示されていたのですが、果実、天体、馬、骸骨などさまざまなモチーフをありえない組み合わせをさせることで鑑賞者を驚かせます。

 

また、ダリばかりですみませんが、異様に手足のシワの描き込みに執着しているところが、ダリのしわしわ絵と重なるところがあります。閲覧する機会も少なく、あまりまだ分からない作家です。