145.アントニオ・ネグリ「帝国」

アントニオ・ネグリ / Antonio Negri

市場権力と民族や国家を超えて再編成される21世紀世界「帝国」

概要


アントニオ・ネグリ(1933年8月1日)は、イタリア人マルクス主義学者で政治哲学者。代表作はマイケル・ハートとの共著「帝国」で、ほかに「スピノザ」もよく知られている。


ネグリは、北部イタリアのパドゥアで生まれ、故郷の大学の政治哲学科教授となった。ネグリは1969年に『労働者権力』を設立し、 アウトノミア運動のリーダーとなり、非常に影響力の強い本「革命意識」を出版。


1970年代後半に、赤い旅団によるアルド・モーロ元首相誘拐暗殺事件において、左翼テロリストグループを主導した容疑をはじめさまざまな事件に関与したとして逮捕・告発された。ネグリはBRの代わりに脅迫電話をかけたとされる音声物証が提示されたが、裁判所は最終的にネグリとの関係を証明することができなかった。


左翼テロリストグループとネグリの共犯の尋問が論争の主題となった。ネグリはかなりの事件に関与しており、二人の殺人事件に関与したために刑を宣告された。


ネグリはフランスに亡命し、ミッテラン・ドクトリンに保護されたあと、パリ8大学やコレージュ・インターナショナル・ド・フィロソフィーで、ジャック・デリダやミシェル・フーコー、ジル・ドゥールーズらと教鞭をとった。1997年に減刑が認められ、ネグリの刑罰は懲役30年から13年に縮小され、彼は判決の終焉に服するためにイタリアへ戻った。


ネグリは現在、パートナーであり、フランス哲学者のジュディス·レヴェルとヴェニスとパリに住居を構えている。

 

著作物


「帝国」


『帝国』は、アントニオ・ネグリとマイケル・ハートの共著である。それは、今日のグローバリゼーションといわれる現象を再考し、それに対するオルタナティブな実践の可能性を構想した内容で、21世紀の「共産党宣言」といわれる。

 

ネグリ=ハートは、グローバリゼーションの行き着く先としてこれまでの「国民国家」と異なる新しい政治秩序、新しい主権形態の出現を指摘する。それを「帝国」という。「帝国」は、単一の支配倫理のもとに統合された国家を超える超国家的な組織である。現在、イラクやシリアなど国境を横断して領土を拡大している「イスラム国」が代表的な組織といえる。

 

「帝国」は、かつての19世紀から20世紀初頭の「帝国主義」とは異なる概念である。帝国主義とは、領土的境界と権力の中心が画定された国民国家(現在の日本やアメリカのような国)が、おもに植民地獲得による経済的拡張を目的として、領土拡張を目指すものである。

 

これに対して「帝国」は、まず領土という概念がなく、固定した境界や障壁もない。それは国境を超えて広まっていく宗教的勢力のようなものである。「帝国」は、また脱中心的という特徴がある。それは教皇や王様のような中心権力がなく、それはSNSのクラスタ的なゆるいネットワークのようなものである。

 

このような脱領土・脱中心的な政治体系を促進させる原動力となるのが、「生政治」である。これは、もともとミシェル・フーコーの概念だが、「帝国」の中では、簡単にいえば貨幣の権力といってよい。資本主義、市場、企業、庶民の欲望がたがいに接続し、世界の新しい生政治的構造が自然とできあがるというものである。総理大臣や国家など上から誰かがモデルを構想するのではなく市場が決定する。権力は生産と同時に組織化し、組織化しながら権力化していくというのだ。たとえば、民間に兵器を売る「死の商人」にとっては兵器市場が望ましいので、生権力の決定により、今後テロリスト市場が拡大することも考えられる。

 

こうした生政治的な帝国が確立するようになると、これまで築かれてきたさまざまなシステムが破壊されていくことになる。たとえば、ローカル・土着性。こうした問題に対して、ネグリ=ハートは、グローバリゼーションに対するローカル性の防衛という左翼的戦略はとらない。それどころか、有害であるとはっきりいっていおり、「反グローバリスト」を批判している。

 

ネグリ=ハートは、マルクスが「資本主義はそれ以前の社会形態や生産様式よりもマシである」と言ったのと同じ意味で、「グローバリゼーションはそれ以前の権力構造よりもマシである」という。そこで、ローカル性の防衛や反グローバリストたちに対して、むしろグローバリゼーションの側にたち、その流れからオルタナティブなグローバリゼーション運動と呼ぶべきものを構築するべきだと主張する。それら「帝国」に対するオルタナティブな運動をする人たちをネグリ=ハートは、「マルチチュード」とよぶ。

単行本: 579ページ

出版社: 以文社 (2003/1/23)

ISBN-10: 4753102246

ISBN-13: 978-4753102242

発売日: 2003/1/23

商品パッケージの寸法: 20.6 x 15 x 4 cm


関連記事


ジル・ドゥルーズ
ジル・ドゥルーズ
ミシェル・フーコー
ミシェル・フーコー


スポンサー広告