クラウス・ノミ「ノミ・イリュージョン」

クラウス・ノミ / Klasu Nomi

ノミ・イリュージョン


概要


クラウス・ノミ(1944年1月24日- 1983年8月6日)。ドイツ人カウンターテナー。ノミは一般的に、その奇怪な動きのビジュアルパフォーマンス、白塗り厚化粧、変な衣装、そして後退した頭の生え際を無理やり高角度に立たせた髪型でよく知られている。

 

彼の音楽はクラシック、オペラ、Chubby Checkerの 『The Twist』や Lou Christieの『Lightnin' Strikes』のような60年代ポップ・ミュージックのカバーまで幅広い。またアメリカでは、1979年に『Saturday Night Live』で、デビッド・ボウイのバックシンガーの1人として覚えられている。1983年8月6日に死去。死因はエイズ。

 

 

略歴


若齢期


 クラウス・ノミは、1944年1月24日に、ドイツのバイエルン州インメンシュタットで生まれた。西ドイツのベルリン・ドイツ・オペラで案内係として働き、そこで彼は公演後にほかの同僚や会場の用務員を前にして歌を歌っていた。

 

またその頃、ノミはベルリンのゲイバーで有名な『Kleist Casino』でもオペラを歌っていた。

 

 

ノミは1972年にニューヨークに移り住む。イースト・ビレッジを中心としたアートシーンで徐々に人気が高まり始めた。ドキュメンタリー・フィルムによるとノミは歌手活動の傍らホテルのパティシエもしており、菓子作りの腕は職人並だったという。

 

 

クラウス・ノミとして活動


 ノミは、1978年、ニューウェーブ・ビードビルでのパフォーマンスでニューヨークアートシーンで注目を集めだした。身体にぴったりフィットした透明なプラスチックの宇宙服の衣装で登場し、ノミはカミーユ・サン=サーンスのオペラ『1877年サムソンとデリラ』を歌った。

 

そのパフォーマンスは、最後にストロボとスモークと大音量電子音エフェクトが混沌とした状態で終わり、ノミはスモークの向こうへ消えていった。スモークは消えるとそこには彼の姿はなかった。その後、ニューヨーク中のクラブでひっぱりだこになるほど、当時のパフォーマンスの反応は圧倒的に肯定的だったという。

 

ニューウェーブ・ボードビルで、クラウス・ノミは作詞家のクリスチャン・ホフマンと出会う。ホフマンはパフォーマーであり、ニューウェーブ・ボードビル第二期のMCだった。

 

ジェームス・チャンス・アンド・ザ・コントーションズのマネージャーのアーニャ・フィリップスは、ノミとホフマンにバンド活動の提案を行なう。そこで、ホフマンはノミの音楽ディレクターとなり、ほかのニューウェーブのメンバーを集めてクラウス・ノミバンドの編成を行った。

 

ホフマンはノミにヒップ・ホップ楽曲のカバーを提案。その際、ルー・クリスティーの「Lightnin' Strikes」を選曲するなどしてノミの活動をサポートした。また、ホフマンはいくつか歌詞を書いている。特に有名な曲は「ノミ・ソング」「トータル・エクリペス」「アフター・ザ・フォール」「シンプル・マン」である。その後、マネジメントに関する行き違いなどがありバンドは解散、その後、ノミは1人で活動を続けることになる。

 

1970年代後半は、「クラブ57」「マッドクラブ」「ピラミッドクラブ」などのクラブをはじめさまざまなストリートでノミはパフォーマンスを行っていた。ノミは新進気鋭のモデル、歌手、芸術家たちとライブパフォーマンスを行ない。当時ともに活動した人はたちは、ジョーイ・アイリス、ジャン=ミシェル・バスキア、キース・ヘリング、ジョン・セックス、ケニー・シャーフなど、アンディ・ウォーホルの「ファクトリー」に出入りする人達が多かった。またマンハッタンのケーブルTV番組「TV Party」に出演もした。 

 

デヴィッド・ボウイとの活動


デヴィッド・ボウイはニューヨークでノミのパフォーマンスを聞きつけ、すぐにマッドクラブでジョーイ・アイリスらとともに会合した。ボウイはノミとアイルスらを1979年12月15日に放送された「サタデー・ナイト・ライブ」での公演でバックアップ・シンガーとして起用した。


David Bowie & Klaus Nomi - TVC15 & Boys Keep... 投稿者 ZapMan69

あわせて読みたい

アンディ・ウォーホル
アンディ・ウォーホル