ジョナサン・レヴァイン「21世紀のギャラリスト」

ジョナサン・レヴァイン(Jonathan LeVine)

 

ジョナサン・レヴァインは1968年生まれ。ニューヨークのアートディレクター。2005年からマンハッタンのチェルシーでJonathan LeVine Galleryを運営している。レヴァインは、西海外に比べるとマーケットが弱い東海岸にロウブロウ・アートを普及させることに尽力している。

 

ニュージャージー州のトレントで若い時期を過ごしたレヴァインは、パンク・フライヤー(チラシアート)、グラフィティ(壁画アート)、コミックス(漫画)、タトゥー(刺青アート)といったカウンターカルチャー芸術に潜在的な需要があると感じた。

 

1994年の始め、モントクレア州立大学で働いているときに、レヴァインはインデペンディント・キュレイターになり、『CBGB』『Webster Hall』『Max Fish』といったライブハウスでロウブロウアーティストたちの展示を行った。それらの展示に出品されたアーティストは、ロン·イングリッシュ、ダニエル・ジョンストン、シェパード・フェアリーといった面々である。1990年代後半、ロウブロウアート情報誌『Juxtapoz』は、全国の読者にレヴァインのカウンターカルチャースタイル紹介し、少しずつ有名になっていった。

 

2001年2月に、レヴァインはペンシルバニア州のニューホープにギャラリー『Tin Man Alley』をオープンする。はじめのうちは、ビンテージ・トイや珍しいグッズを売っていたが、アートの方が売れるので完全にアートビジネスに切り替えたという。また『Juxtapoz』やインターネットによる宣伝は、レヴァインのギャラリーに注目を集めさせる大きな味方となり、2002年後半には、フィラデルフィアへのギャラリー移転を決めるとにした。

 

当時、彼が扱うアーティストで注目を集めたのはマーク・ライデン、シャグ、ジェフ・ソト、ゲイリー・ベースマンと言った『ニュー・シュルレアリスト』『不確定性原理』と呼ばれたアーティストだった。2005年1月に、レヴァインはギャラリーをマンハッタンのチェルシーの近くに移し『Jonathan LeVine Galley』でオープン。最初の展示は『Pop Pluralism』というタイトルで、レイ・シーザー、クレイトン兄弟、カミュ・ローズ・ガルシアの作品が紹介された。

 

そして2014年、ギャラリーを拡大し、「557 West 23rd Street」の1階に2つめのスペースをオープン。今後、世界のギャラリストで最重要となる人物である。