【完全解説】クルト・シュヴィッタース「メルツ絵画」

クルト・シュヴィッタース / Kurt Schwitters

メルツ絵画


概要


生年月日 1887年6月20日
死没月日  1948年1月8日
国籍 ドイツ
スタイル ハノーヴァー・ダダ、メルツ
表現媒体 絵画、詩、音楽、彫刻、グラフィックデザイン、編集、インスタレーション

クルト・ヘルマン・エドゥアルド・カール・ユリウス・シュヴィッタース(1887年6月20日-1948年1月8日)はドイツの画家。ドイツ国ハノーヴァー生まれ。シュヴィッタースはダダ、構成主義、シュルレアリスム、詩、音楽、絵画、彫刻、グラフィックデザイン、編集、インスタレーションなどさまざまなアートシーンやメディアを横断的に活動していたことで知られる。『メルツ絵画』と呼ばれるコラージュ作品が最もよく知られている。

 

 

この作家の要点

  • ハノーヴァー・ダダの代表的作家
  • メルツ絵画
  • サウンドアートやインスタレーションのさきがけ

略歴


ハノーヴァー時代


クルト・シュヴィッタースは、1887年6月20日、ハノーヴァーのルーマン通り2番地で、エドワード・シュヴィッタースと彼の妻ヘンリエッテの一人息子として生まれた。

 

両親は婦人服店を経営していたが、1898年に店を売却。売却で得たお金でハノーヴァー市内の5つの不動産を購入して、人に貸して生活費を稼いだ。ドイツにいるあいだずっとシュヴィッタースはこのお金で生活をしていた。

 

1901年に家族はワルド通り(後のワルドハウゼン通り)5番地へ移った。同年、シュヴィッタースは最初のてんかんの発作に襲われたが、そのため戦争の最終局面まで第一次世界大戦で兵役を免除された。

 

オットー·ディックスやジョージ・グロスとともにドレスデンの芸術アカデミーで勉強したあと、シュヴィッタースはハノーヴァーに戻り印象派から彼の芸術活動を開始する。1911年にハノーヴァーで最初の個展が行われた。

 

しかし第一次世界大戦の進展が彼の作品を次第に暗くし、特色のある表現主義的な作風に変化させていった。シュヴィッタースは戦争の最後の1年半を、ハノーヴァー郊外の工場の製図工として過ごした。

 

1917年3月には第73ハノーファー連隊に徴兵されるが、6月には不適格として兵役を免除された。製図工時代の経験は、後の作品制作に影響し、機械を人間の活動のメタファーとして使うようになったという。

 

「戦争で私は歯車や車輪への偏愛を感じ、また機械は人間の精神を抽象化したものだと気づいた(クルト・シュヴィッタース)」

 

1915年10月5日に従姉妹のヘルマ・フィッシャーと結婚した。長男ゲルトは1916年9月9日、生まれてから1週間もたたないうちに死亡した。二男エルンストは1918年11月16日に生まれ、クルトが没するまで、英国亡命時も含めて共に過ごした。

 

1918年、彼の作風は第一次大戦の終結によって崩壊したドイツ経済、政治、軍事の影響によって劇的に変化した。シュヴィッタースは後にこう語った。

 

「戦争は恐ろしい騒乱だった。大学で学んだことは私にとって役に立たずまた役に立つ新たな考えはまだ準備されていなかった…。すべてが破壊され、新しいことはその断片から作り直す必要があった。そしてこれが「メルツ」だ。それは革命であり、破片であるべきなのだ。(クルト・シュヴィッタース)」

 

 

デア・シュトゥルム


シュヴィッタースは、1918年2月にハノーヴァー分離派展で表現主義絵画の展示をしたあと、ヘアヴァルト・ヴァルデンと知り合いになり、1918年6月、ベルリンのヴァルデンの画廊「デア・シュトゥルム」(Der Sturm、「嵐」)で2枚の抽象的な表現主義的風景画を展示した。

 

これが1918年秋に、ハンス・アルプ、ハンナ・ホッチ、ロール・ハウスマンといったベルリン前衛芸術のメンバーたちと合うきっかけになった。

 

1919年ごろはまだシュヴィッタースは表現主義のスタイルで絵を描いていたが、1918年の終わり頃に、ハンス・アルプの作品にいくぶん影響を受けた最初の抽象コラージュが制作されている。

 

この作品を作る際、彼が目をとめた紙の破片に書かれていた「メルツ」の文字(「Commerz Und Privatbank」という銀行名のうちの「merz」の部分)から、彼はこの作品に『メルツ絵画』(Das Merzbild)と題を付けた。

 

1919年6月に「デア・シュトゥルム」で最初の個展を開催し、8月にはヴァルデンが発行するギャラリーと同名の批評誌「デア・シュトゥルム」で『アンナ・ブルーメに』(An Anna Blume)と題して愛を描いた不条理なナンセンス詩を発表し、彼は有名人となる。

ラウル・ハウスマンによると、シュヴィッタースは1918年末もしくは1918年にかけてベルリン・ダダへの参加を要請していた。しかし、リヒャルト・ヒュルゼンベックがシュヴィッタースにはデア・シュトゥルムや表現主義との関わりがあるため参加を拒否したという。

 

というのはデア・シュトゥルムや表現主義はダダイストにとっては絶望的にロマン主義で、美学に取り憑かれたものだったからである。ヒュルゼンベックは「ダダイスト革命にとってのカスパー・ダーヴィト・フリードリヒ」と皮肉った。

 

シュヴィッタースは返答として不条理短編小説『Franz Mullers Drahtfrühling, Ersters Kapitel: Ursachen und Beginn der grossen glorreichen Revolution in Revon』をデア・シュトゥルムで発表。その小説は“たんにそこにいるだけ”で革命が始まる無垢な見物人に焦点を当てたものだった。(続く)