ユーリ・ノルシュテイン「ロシア短編アニメーションの巨匠」

ユーリ・ノルシュテイン / Yuriy Norshteyn

ロシア・アニメーションの第一人者


「霧の中のハリネズミ」
「霧の中のハリネズミ」

概要


ユーリ・ボリソヴィチ・ノルシュテイン(1941年9月15日生まれ)は、『霧の中のはりねずみ』や『話の話』などの短編アニメーション作品で知られるソ連・ロシアのアニメーション作家の巨匠である。

 

1981年から、ニコライ·ゴーゴリの短編小説『外套』をベースにした、同タイトルの本編アニメーション作品『外套』を制作しているが、30年以上経ってもまだ完成しておらず、アニメーション史上最長期間のプロジェクトとなっている。

略歴


ユーリ・ノルシュテインは、第二次世界大戦戦時下に、母の疎開先のペンザ州ゴロヴィンシチェンスキー地区アンドレエフカ村でユダヤ家庭で生まれ、モスクワで育った。父の職業は、木材加工工場の機械の整備工で、母は幼稚園の保母。

 

美術学校を卒業したあと、はじめは家具職人をしていたが、1959年にアニメスタジオ「ソユーズムリトフィルム」付属のアニメーターコースに入学する。卒業後の1961年にそのままアニメスタジオで働くことになる。彼がアニメーターとして最初に関わった映画は『Who Said "Meow"』(1962年)だった。

 

アニメーターとして50本ほどの映画に関わったあと、ノルシュテイン自身が監督を務める機会を得て、1968年に『25日・最初の日』でデビューを果たした。次の作品は彼の出世作となる『ケルジェネツの戦い』で、ロシアのアニメ作家イワン・イワノフ=ワノとの共同監督作品だった。

 

1970年代を通じて、ノルシュテインは『あおさぎと鶴」(1974年)、『霧につつまれたハリネズミ』(1975年)、『話の話』(1979年)などの彼の代表作ともいうべき傑作を次々と発表する。また切り絵アニメーションの手法を用いて作り出された作品は、世界中で高く評価された。

 

1980年からゴーゴリの短編小説『外套』の制作が始めるものの、ソビエト連邦の崩壊による社会的混乱や政治変動といった背景もあり、何度か制作が中断され、30年以上経った今も未完の状態となっている。現時点では30分ほどの長さの作品が完成しており、毎年少しずつ新しいシーンを追加しており、作品を完成させる意思はあるようだ

 

作品