ヴィジョナリー・アート

ヴィジョナリー・アート / Visionary Art

地下に埋もれたファインアート


概要


ビジョナリー・アート(Visionary art)

は、オカルト、不思議現象、宗教美術など、内面的な世界を視覚化した美術である。ウィーン幻想派、H・R・ギーガー、Alex Grey、遠藤彰子などが代表的な画家である。その直接のルーツはシュルレアリムにあり、サイケデリックアートや宗教美術、あるいは一種の民族芸術やアール・ブリュットも含まれる。 日本では幻想芸術と呼ばれることもある。

 

第二次大戦後の1946年、オーストリアのウィーンで設立されたビジョナリー・アーティスト集団「ウィーン幻想派(Vienna School of Fantastic Realism)」は、現代のビジョナリー・アーティストたちに強い影響を与えている。メンバーは、ルドルフ・ハウズナー、エルンスト・フックス、エーリッヒ・ブラウアー、アントン・レームデン、ボルフガング・フッターなどである。またグスタフ・クリムトとエゴン・シーレなどが直接ウィーン幻想派に与えている影響は多い。

 

アール・ブリュットと異なるのは、ヴィジョナリー・アーティストの多くは、西洋絵画の伝統的な技術を習得していることである。しかし、アール・ブリュットは学術的に研究の対象となっているにも関わらず、アカデミックな技術を習得したヴィジョナリーアートは研究対象とならなかったため、ロウブロウアートと同様、戦後はアンダーグラウンドのアートであらざるを得なかった。

 

ビジョナリーアートという言葉が初期の段階で使用された例としては、ポール・ラフォリーが1967年に参加したニューヨークの展覧会 「The Visionaries」がある。この展覧会の企画者であるチャールズ・ジュリアーノ (Charles Giuliano ) がヴィジョナリーアートという言葉を主張した理由は、ポール・ラフォリーがドラッグと無縁なアーティストであるためサイケデリック・アートという言葉は展覧会の方向性に相応しく無かったからである。

 

1961年にブリジッド・マーリンによって創設された「Society for the Art of Imagination」は、ビジョナリーアーティストをつなげる組織として重要な役割を果たしている。最近では自費出版、インターネットを使った宣伝、さらに「ブーム・フェスティバル」や「バーニング・マン」といったトランスパーティを通して、現代の多数のビジョナリー・アーティストたちを横断的に結びつけ、コラボレーション活動を実現させている。

 

日本では幻想芸術と呼ばれることがあり、こうした流れにある作家の多くは、ゴシックイベントトランスパーティなどのアンダーグラウンドシーンやドラッグカルチャーのイベントなどで活躍しているケースが多く、現代美術や近代美術の画廊でみかけることはあまりない。1971年に朝日新聞社主催によって開催された「現代の幻想絵画展」の出品者は、平山郁夫、近藤弘明、工藤甲人といった画壇画家で構成されたものであり、決してアングラでもアウトサイダーでもなかった。 

作家


アレックス・グレイ
アレックス・グレイ
ポール・ラフォレ
ポール・ラフォレ
遠藤彰子
遠藤彰子
H.R.ギーガー
H.R.ギーガー