寺山修司「アヴァンギャルドと土着文化の融合」

寺山修司 / Shuji Trayama

アヴァンギャルドと土着文化の融合


概要


寺山修司(1935年12月10日-1983年5月4日)は日本の前衛詩人、劇作家、作家、映画監督、写真家。短い人生の間に300冊の本を出版、約20作の映画を制作しており、多くの批評家やファンによれば、日本で最も生産的で挑発的な創造的な芸術家の一人だと言われる。


作品の多くは、ヨーロッパの前衛芸術と寺山の出生地であり青森県の土着文化からの影響のものが多いと思われる。詩人ではアントナン・アルトー、ベルトルヒト・ブレヒト、フェデリコ・フェリーニ、ロートレアモンから、画家ではサルバドール・ダリやマルセル・デュシャン、映画ではホドロフスキーなどの影響が濃く見られる。短歌はほとんど盗作だったといわれる。


活動は多岐にわたるが、初期はラジオドラマや詩が中心だった。30代以降は実験演劇「天井桟敷」が中心となる。並行して実験映画の撮影をしている。ほかにエッセイ、ラジオドラマなどの書き物をしている。


日本では、詩人や劇作家(天井桟敷)として一般的に知られているが、欧米では劇作家と映画監督として寺山の評判は高い。

作品解説


映画「田園に死す」
映画「田園に死す」

略歴


若齢期


寺山修司は、1935年12月10日、青森県弘前市で、父八郎と母ハツの長男として生まれた。八郎は警察官。1945年、寺山が9歳のときに、父八郎が太平洋戦争死去。死因はセレベス島でアメーバー赤痢による戦病死。終戦後は、母ヤツの兄を頼りに青森の三沢に転居し、そこで中学2年まで過ごした。


1949年に、ハツが福岡県の米軍基地へ移ったため、寺山は青森市内の叔父に引き取られることになる。この頃から、俳句を作り始める。寺山は文芸部に入り、俳句や詩や童話を学校新聞に書き続けた。


1951年に青森県立青森高等学校に入学すると文学部に入部。また京武久美と俳句雑誌『牧羊神』創刊し、高校卒業まで発行を続ける。


1954年に東京の早稲田大学教育学部に入学。中城ふみ子の影響で短歌を作り始め、歌人として活動を始める。しかし、ネフローゼと診断されて長期入院となり、翌年、退学。絶対安静の期間が長く続く。入院を期に、スペイン市民戦争文献、ロートレアモン、バタイユ、カフカ、鏡花、マルクス「経済学・哲学草安」などを読む。また同病室の韓国人に賭博や競馬を教えられる。その後、新宿のバーで働きながら、病院を往復する生活が続き、1人でいろいろな勉強を行う。


1958年に一時退院し、青森に帰る。最上京後、新宿諏訪町の六畳一間のアパートに住む。ノミ屋の電話番、ディーラーなどの仕事をしながら賭博とボクシングに熱中する。寺山によれば学校で真面目に勉強するよりも、病院やボクシングや競馬を通じて人生で大切な事を学ぶことが多かったという。


1957年に第一作品集『われに五月を』を刊行する。1959年に、谷川俊太郎のすすめでラジオドラマを書き始める。また、60年代の安保闘争を通じて、石原慎太郎、江藤淳、谷川俊太郎、大江健三郎、浅利慶太、永六輔、黛敏郎、福田善之らと知り合う。


25歳で母ハツと四谷のアパートでおよそ12年ぶりに同居。1963年に女優の九條と結婚し、ハツとの同居先を出る。

天井桟敷


1967年に寺山は、実験演劇「天井桟敷」を創設。これはインディペンデントの劇団で、活動期間は1967年から1983年の寺山が亡くなるまで。当時のマスコミは胡散臭さを理由に報道はほとんどしなかった。


第一回公演は1967年4月18日、草月アートセンターでの旗揚げ公演「青森県のせむし男」。当時の日本のアンダーグラウンド・シーンにおいて、天井桟敷は最も象徴的な活動・現象とみなされるようになり、劇団は多数の舞台上演を行った。


天井桟敷は、前衛的であり、また今までの演劇や劇場のあり方を破壊する目的で結成された。実験性俗文化社会的挑発グロテスクエロティシズム極彩色の強い視覚幻想などが天井桟敷の舞台演出の特徴で、映画「田園に死す」をさらに泥臭くしたような感じだったという。


また天井桟敷は、演劇畑の人間だけでなく、音楽家のJ.A.シーザーや三上寛、グラフィックデザイナーの宇野亜喜良や横尾忠則、漫画家の花輪和一や林静一など、数多くの異分野のアーティストとコラボレーションをしていたことでも有名になった。


天井桟敷という名称は、1945年にフランスでマルセル・カルネが制作した映画『Les Enfants du Paradis』の邦訳タイトル『天井桟敷の人々』に由来する。直訳すると本来は「天国の子どもたち」と訳されるが、正式な翻訳は「天井の画廊」となる。天井の画廊とは、劇場の最上階にあるいちばん安い席を意味し、「天井桟敷」ともいわれる。天井桟敷と同じ意味の英語の表現では「ピーナツ・ギャラリー」がある。


また、おなじ理想を持つなら、地下(アンダーグラウンド)ではなくて、もっと高いところへ自分をおこう、と思って『天井桟敷』と名付けたという。安ぽっさと理想の高さという矛盾する意味が含まれている。

横尾忠則
横尾忠則
花輪和一
花輪和一
宇野亜喜良
宇野亜喜良