171.細江英公

細江英公 / Eiko Hosoe


作成者:gcat

概要


細江英公(1933年3月18日-)は日本の写真家、映像作家。三島由紀夫、澁澤龍彦、四谷シモン、土方巽、1960年代の日本の前衛芸術家たちとの作品コラボレーションや友好関係を通じて戦後の日本の実験芸術のムーブメントを記録したことで知られる。また、エロティックな妄想、死、非現実性といった主題を探求。清里フォトミュージアム館長。


シュルレアリスティックな作風や昭和アヴァンギャルドの作家やムーブメントを撮影し、記録し続けたことから、マン・レイと比較される。現在、よく見かける昭和アヴァンギャルドの作家の写真は細江が撮影したものである。

関連


マン・レイ

今日、私たちにダダ・シュルレアリスムの具体的なイメージを与えてくれているのは、マン・レイの撮った集団写真の数々である。しかしそれらが実はあくまでもマン・レイのとらえた集団のイメージ、つまりマン・レイの「作品」という事実なのである。