190.デカダン

デカダン / décadent

ダウナーでネガティブな変態紳士


概要


デカダンは、19世紀の西ヨーロッパの美術および文学で発生したムーブメントである。フランスを中心にイギリスやヨーロッパ全域、さらにアメリカにもムーブメントは広まった。ただし実際には「ムーブメント(運動)」というよりは「雰囲気」であったといわれる。


「デカダンス」は、18世紀末の初期ロマン主義のナイーブな表現を行う何人かの19世紀後半の作家に対して、敵対する批評家たちが名づけた言葉である。デカダン・ムーブメントの芸術家の大部分は、エドガー・アラン・ポーの詩や小説といったゴシック小説から影響を受けており、また象徴主義耽美主義ダンディスムとも関わりが深く、これらをすべて含めて「世紀末芸術」ということもある。


デカダンスの概念は18世紀、特にモンテスキューにまでにさかのぼり、またデジレ・ニザールがヴィクトル・ユーゴーやロマン主義に批判的に使っていたときから、一般的に侮蔑的な言葉として批評家たちに使われていた。。逆に、テオフィル・ゴーティエやシャルル・ボードレールといったロマン主義後期の世代は、この「デカダンス」という言葉を、誇りの象徴、あるいは陳腐な「進歩主義」とみなしていたものへ反発の現れとして用いた。1880年代には、フランス文学のある集団が自分たちを「デカダンス」と規定した。


デカダン派の特徴は、根深い猜疑心悲観主義保守主義である。彼らは楽観論者や進歩主義に対して疑問の目を向け、自分たちの時代が退潮するとは思わなかった。「古き良き」思想である。しかし一方で彼ら自身が矛盾するように衰退感を感じており、底ごもり、中世の優雅な世界観に対するノスタルジアを抱いていた。彼らは悲観主義や女性嫌悪倦怠にひかれていった。


しかし当時でさえ「デカダン」の明瞭な定義はなかった。時を同じくして展開したフランスの象徴主義のために曖昧になっていた。ただ悲観的でダウナー気味のデカダン派に比べて象徴派は、物質主義により強く反抗して行動するアッパー系であり、脱俗の道を実践していた。