丸尾末広「瓶詰の地獄」

概要


夢野久作の『瓶詰の地獄』を丸尾末広がシュルレアリス風演出を加えて漫画化。


幼い兄妹が海難事故により小さな無人島に漂着し、2人だけの生活が始まる。


自然豊かで食べ物にも恵まれた島だったので、当初は天国のような生活だったが、心身の成長とともに兄と妹は互いに性を意識するようになる。


しかし漂着時に持っていた聖書を読み込んでいた二人は、近親相姦に対する罪意識に悩まされるようになる。無人島での二人だけの生活は次第に地獄のような苦しみをもたらすように……

丸尾版『瓶詰の地獄』では、性を抑圧された兄妹の地獄のような苦しみをシュルレアリスム風に表現している。


兄の太郎の欲情とその抑圧がカラスに置き換えられる。

また、妹のアヤ子の欲情とその抑圧がカブトガニタコに置き換えられる。

そして無人島の美しい砂浜の風景は、骸骨へと変容。サルバドール・ダリの「浜辺に現れた顔と果物鉢の幻」の引用でしょうか。

サルバドール・ダリ「浜辺に現れた顔と果物鉢の幻」
サルバドール・ダリ「浜辺に現れた顔と果物鉢の幻」