サルバドール・ダリ略歴「若齢期」

サルバドール降臨


ダリの家族。左から2番目と3番目が両親。中央がダリ。妹が右端の女の子。
ダリの家族。左から2番目と3番目が両親。中央がダリ。妹が右端の女の子。

サルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク(Salvador Domènec Felip Jacint Dalí i Domènech)は、スペイン、カタルーニャ州のフランスとの国境線沿いにあるポルタ地方フィゲラスの町で、1904年5月11日午前8時45分に生まれた。

 

「サルバドール」という名前の兄(1901年10月12日生まれ)がいたが、ダリが生まれる9ヶ月前、1903年8月1日に胃腸炎で亡くなった。

 

5歳のとき、ダリは両親に兄の墓の前に連れられ、兄の生まれ変わりであることを告げられる。このことはダリに大きな心理的影響を与えた。

 

ダリは自分が親に愛されているのは、兄の生まれ変わりであるという矛盾に苦しみ、その後ダリは、兄の名前”サルバドール”を名乗ることになった。

 

ダリの父はミドルクラスの公証人で、厳格な気の短い性格だった。母は画家出身でダリの芸術的な才能を励ましてくれた。

 

ほかにアナ・マリアという3歳年下の妹がいて、何度か絵のモデルとしても登場する。1949年に彼女はダリに関する本『妹から見たダリ(Dalí As Seen By His Sister)』を出版し、ダリと論争を起こしている。

 

子ども時代の友人には、あとにFCバルセロナ・フットボール選手のエミリオ・サギ・リナンやジョセップ・サミティエがいた。彼ら三人はよく一緒にサッカーをして楽しんだ。

 

1916年に美術学校に入学。ダリはその年の夏休みに印象派のラモン・ピショットの家族と一緒にカダケスやパリへ旅行し、そこで近代美術に影響を受ける。

 

翌年、ダリの父は自宅でダリの木炭画の個展を企画。なお、ダリの公への初めての展示は1919年にフィゲラス市民劇場でのグループ展示とされている。

 

1921年2月、ダリの母が肺がんで死去。ダリは16歳だった。のちに彼は母の死について「人生の中で最もショックな出来事だった」と述べている。

 

死後、ダリの父は母の妹と再婚したが、ダリは叔母を崇拝し愛していたのでこの結婚には反対しなかった。

パリのシュルレアリスムと合流


ロルカとダリ(1927年)
ロルカとダリ(1927年)

1922年、ダリはマドリードにある王立サン・フェルナンド美術アカデミーの学生寮「レジデンス」へ入る。

 

当時の身長は172cmで、このときからすでに後のダリの原型ができあがっており、ダンディズムと同時にエキセントリックであったため、学内から注目を集めはじめる。

 

ダリの個性は大きく伸び始める。19世紀後半のイギリス貴族のファッションを真似て、長髪、揉み上げを蓄え、コート、ストッキング、ブリーチを身につけていた。

 

レジデンス時代にでダリは、フェデリコ・ガルシーア・ロルカ(詩人)、ルイス・ブニュエル(映画監督)と知り合いになる。

 

特にロルカとの友情はあつく、同性愛者であったロルカはダリに肉体的関係を迫ったが、ダリは肉体的関係を拒否した。

 

キュビズムの実験を試みはじめたダリの絵画は、美術的な観点でも注目を集めはじめる。ピショットにより雑誌記事で紹介もされはじめた。

 

1924年当時のマドリードでキュビストはダリ以外にだれもいなかったので、ダリによって初めてキュビスムの解説が行われたという。ダリはまたダダにも試み、ダダは彼の生涯を通じて影響を及ぼした。

 

1925年、バルセロナのダルマウ画廊で最初の大規模な個展を開く。

 

1926年に大学を退学し、その年にパリを訪れ尊敬していたパブロ・ピカソと出会う。ピカソは事前にジョアン・ミロからダリに対する好意的な話を聞いていた。この頃ダリはシュルレアリスムや前衛芸術から影響を受ける。

 

特に、パブロ・ピカソ、ジョアン・ミロ、イヴ・タンギー、ジョルジュ・デ・キリコ、マックス・エルンストなどから多大な影響を受け、たくさんの作品を制作。そうしてダリは自身の画風を発展させていった。

 

一方、ダリは古典美術から近代美術までさまざまな美術様式から影響を受け、それらを取り込んでいった。古典絵画では、ラフェエル、ブロンズィーノ、ベラスケス、フランシスコ・デ・スルバラン、フェルメールから影響を受けている。ダリは古典美術と近代美術の両方の技術を使い、それらを分離したり、融合したりしていた。

ガラとの出会い


1929年8月にダリは彼のミューズであり、のちに妻となるガラと運命的に出会う。ガラはロシア移民で、ダリより10歳年上。当時、詩人のポール・エリュアールの妻だった。

 

ガラはダリの芸術活動のインスピレーションの源泉となり、よくその芸術活動を支えた。またビジネスの才能があったガラはダリのビジネス・マネージャーでもあった。

 

ダリの父は息子が既婚の女性と付き合っていることに対して激怒し、ダリを勘当する。パリのシュルレアリストたちの接触が、ダリに悪影響を与えたとダリの父は言う。以後、1948年まで二人は一度も会うことはなかった。

 

ダリとガラは、1929年から同棲しはじめ1934年に婚姻届を出して、秘密裏に結婚。その後、1958年になってからダリとガラは結婚式を挙げて公にした。