【作品解説】サルバドール・ダリ「ナルシスの変貌」

ナルシスの変貌 / Metamorphosis of Narcissus

ナルシス・ダリ・ガラの三位一体絵画


「ナルシスの変貌」(1937年)
「ナルシスの変貌」(1937年)

概要


「ナルシスの変貌」は1937年にサルバドール・ダリによって制作された油彩作品です。「水面に映る象」と並んで、偏執狂的批判的方法(ダブル・イメージ)を利用した代表的な作品の1つであり、ダリの代表作の1つ。

 

主題はローマの詩人オウディウスの『転身物語』です。『転身物語』とは、ギリシア・ローマ神話の登場人物たちが様々なもの(動物、植物、鉱物、更には星座や神など)に変身してゆくエピソードを集めた物語で、ナルシストのルーツに当たるものです。

 

作品の左側で湖を見つめるのがナルシス、そのナルシスの右に同じような形態で三本の指に挟まれた卵が偏執狂的批判的方法(ダブルイメージ)で描かれています。ダブルイメージで描かれたその卵からはナルシスの生まれ変わりの水仙が殻を破り、ナルシスの花が開いています。左側のナルシスは自己愛のうちに死にました、同時に花としてまた復活したということを同一的にダリは描いているようです。

 

また、この作品には「その頭が裂けるとき/その頭の形が裂けるとき/その頭が破裂するとき/それは花となる/新しいナルシス/ガラ/私のナルシス」という詩が付けられています。

 

つまり、ダリは湖を見つめる自己愛者ナルシスであったが、ガラとの出会いにより、ガラがナルシスへと変身し、ガラとダリという二人の人物がナルシスを通して両面として混じりあったことを意味しています。

あわせて読みたい

皿の上の皿のない卵
皿の上の皿のない卵
ポルト・リガトの聖母
ポルト・リガトの聖母
自分自身の純潔に獣姦される若い処女
自分自身の純潔に獣姦される若い処女
アンダルシアの犬
アンダルシアの犬