【作品解説】丸尾末広「少女椿」

少女みどりの悲劇で不条理な物語!


概要


「少女椿」は、丸尾末広の代表作のマンガ作品である。浪花清雲作の街頭紙芝居「少女椿」を下敷きにして丸尾が独自にアレンジしている。

 

あらすじは、父が家出し、母と二人で暮らしていた12歳の少女みどりは、母が病死した後、行くあてもなく見世物小屋のオーナーに騙されて小屋の芸人にされ、悲惨な生活を送ることになる。


しかし、謎の芸人ワンダー正光が小屋に入団して一筋の光明がさしかかる。恋仲となった正光とみどりは小屋を退団し、二人で新しい生活を送る決意し、みどりは期待に胸を膨らませる。しかし、不条理にも正光は突然泥棒に刺し殺されてしまう。みどりはショックのあまり半狂乱に陥り、泣き叫び、一人取り残され「少女椿」は終了する、というとにかく不条理な話である。

 

初版と改訂版の差異


「少女椿」はこれまで3冊刊行されている。

 

1984年に青林堂から初版が刊行。

次に1999年に同じく青林堂から「少女椿 改訂版」が刊行。

さらに、2003年に青林工藝舎から「少女椿 改訂版」が刊行されている。

 

上記の表紙とリンク先のAmazonのページは、2003年の青林工藝舎版である。

3冊の差異だが、以下のサイトに詳細は解説されているのでチェックしてもらいたい。どうやら会社側の内部分裂に伴う版権問題のため「改訂版」が出版されているのが大きなポイントで、内容においては、カバー表紙や描写に変更はあるものの大筋が変更されているわけではないらしい。


cafarde雑記帳

裏次元の一日

青林堂「少女椿」(1984年)
青林堂「少女椿」(1984年)
青林堂「少女椿 改訂版」(1999年)
青林堂「少女椿 改訂版」(1999年)
青林工藝舎「少女椿 改訂版」(2003年)
青林工藝舎「少女椿 改訂版」(2003年)

短編版 少女椿


少女椿には、ほかに辰巳出版の漫画ピラニア1981年8月号に掲載された短編版「少女椿」がある。


短編版では、みどりが見世物小屋に入団するまでの物語(母親が亡くなり、見世物小屋のオーナーに騙され連れて行かれるまで)が描かれている。


短編版「少女椿」は、「薔薇色ノ怪物」に収録されている。

「漫画ピラニア」81年10月号。表紙に丸尾末広が掲載されている。
「漫画ピラニア」81年10月号。表紙に丸尾末広が掲載されている。
「薔薇色ノ怪物」。少女椿の序章にあたる読切版「少女椿」が収録。ほかに丸尾のデビュー作の「リボンの騎士」も収録されている。
「薔薇色ノ怪物」。少女椿の序章にあたる読切版「少女椿」が収録。ほかに丸尾のデビュー作の「リボンの騎士」も収録されている。

あわせて読みたい

丸尾末広「芋虫」
丸尾末広「芋虫」
丸尾末広「パノラマ島綺譚」
丸尾末広「パノラマ島綺譚」
丸尾末広「瓶詰の地獄」
丸尾末広「瓶詰の地獄」
丸尾末広「リボンの騎士」
丸尾末広「リボンの騎士」