【作品解説】ルネ・マグリット「光の帝国」

光の帝国 / The Empire of Lights

昼と夜の両方を同時に表現


ベルギー王立美術館所蔵 ルネ・マグリット「光の帝国」(1954年)
ベルギー王立美術館所蔵 ルネ・マグリット「光の帝国」(1954年)

概要


デペイズマンの代表作


「光の帝国」は1953年から1954年にかけてルネ・マグリットによって制作された油彩作品。マグリット後期の作品で、代表作品の1つ。「光の帝国」はシリーズもので複数存在しています。タイトルは詩人のポール・ノーグの詩からとられています。

 

基本的な構造は、下半分が夜の通りで、上半分が昼の青空という矛盾した要素が同居したものとなっています。マグリットはこの作品について以下のコメントをしています。

 

「光の帝国の中に、私は相違するイメージを再現した。つまり夜の風景と白昼の空だ。風景は夜を起想させ、空は昼を起想させる。昼と夜のこの共存が、私たちを驚かせ魅惑する力をもつのだと思われる。この力を、私は詩と呼ぶのだ。私はいつも夜と昼へ関心をもってきたが、決してどちらか一方を好むということはなかったからである。」

 

マグリットのデペイズマンと呼ばれるシュルレアリスム理論の代表的な作品です。デペイズマンとは、あるモチーフを本来あるべき環境や文脈から切り離して別の場所へ移し置くことで、画面に異和感を生じさせるシュルレアリスムの表現手法です。

 

お互いに異なる要素、1つの空間に同居しているものの常識的に考えるとおかしな要素の並存・並列状態にあるイメージを指します。「光の帝国」の場合だと、昼と夜が同居しているのは常識的におかしいわけです。

 

このマグリットの「光の帝国」は、学校の教科書やシュルレアリスムの解説でも頻繁に引用されることからもわかるように、忠実にシュルレアリスム理論を表現した作品です。

「光の帝国」は複数存在する


一般的によく見かけるのは、ベルギー王立美術館が所蔵している下半分が湖で上半分青空の1954年「光の帝国」ですが、ほかにもニューヨーク近代美術館所蔵の「光の帝国2」(1950年)や、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館所蔵の「光の帝国」(1953-54年)、アーメット・エルテグン夫妻蔵の「光の帝国」(1954年)など複数のパターンが存在しています。

ニューヨーク近代美術館所蔵「光の帝国2」(1950年)
ニューヨーク近代美術館所蔵「光の帝国2」(1950年)
ソロモン・R・グッゲンハイム美術館所蔵「光の帝国」(1953-54年)
ソロモン・R・グッゲンハイム美術館所蔵「光の帝国」(1953-54年)

「エクソシスト」と「光の帝国」


「光の帝国」に影響を受けている有名なのがホラー映画の「エクソシスト」であす。少女に憑依した悪魔払いをするために神父がマクニール邸に入るシーンで「光の帝国」から着想を得たイメージが導入されています。

ルネ・マグリットTop

 

<参考文献>

Wikipedia