【作品解説】パブロ・ピカソ「アヴィニョンの娘たち」

アヴィニョンの娘たち / Les Demoiselles d'Avignon

前衛美術の初期発展に多大な影響エポック作


パブロ・ピカソ「アヴィニョンの娘たち」(1907年)
パブロ・ピカソ「アヴィニョンの娘たち」(1907年)

概要


「アヴィニョンの娘たち」は、1907年にパブロ・ピカソによって制作された大型の油彩作品。バルセロナのアヴィニョ通りに存在した売春宿にいた5人の売春婦のヌード画である。

 

5人の情勢は、これまでの伝統的な人物造形からすると、当惑させられるような女性造形でまったく美しくない。女性たちは少し威嚇するように、また身体は角ばっており、関節が外れたような身体で描かれている。

 

画面左側の3人の女性たちは、ピカソの故郷スペインの古代イベリア彫刻の影響のもとで顔が描かれている。右側2人の女性の顔は、アフリカ部族のマスクとなっているが、ピカソによれば「プリミティブ芸術は、野蛮であっても驚嘆せざるを得ない説得力とパワーがある」という。

 

プリミティズム・アートの導入や従来の遠近法を無視したフラットで二次元的な絵画構成において、ピカソはこれまでの伝統的なヨーロッパの絵画へのラディカルな革命行動を起こした。それは20世紀美術最大のインパクトである。

 

プロト・キュビスムといえるこの作品は、キュビスムだけでなく近代美術全体の初期発展において、強い影響力を持つことになった。また大変な物議をかもし、ピカソの親友や美術仲間でさえ、この作品において、憤りと美的感性の不一致を引き起こしたという。

 

たとえば、ピカソの生涯のライバルで親友でもあったアンリ・マティスは、「アヴィニョンの娘たち」について悪いジョークだろうとみなしたが、ピカソ自身は1908年のマティスの作品「亀と水浴者」から着想を得たものだという。また、後のキュビスム仲間のジョルジュ・ブラックは、当初誰よりもこの作品を嫌ったが、のちに誰よりもキュビスムの理解者となり、キュビスムの表現者となった。

 

ポール・スザンヌの「大水浴図」、ポール・ゴーギャンの彫刻「オヴィリ」、エル・グレコの「第五の封印」などが本作と関連のある作品として広く、美術批評家の討論の題材に挙げられる。

 

なお制作されたのは1907年だが、一般に公開されたのは1916年7月にサロン・ドートンヌが最初である。当時のオーガナイザーは詩人のアンドレ・サーモン。当初「アビニヨンの売春宿 Le Bordel d'Avignon」と題されて出品予定だったが、不道徳的であるという理由で助言により「アヴィニョンの娘たち」に改題された。1937年にニューヨーク近代美術館が作品を購入し、現在所蔵している。