パブロ・ピカソ「老いたギター弾き」

悲劇とわずかな希望をギター弾きで表現

パブロ・ピカソ「老いたギター弾き」(1904年)
パブロ・ピカソ「老いたギター弾き」(1904年)

概要


「老いたギター弾き」は、1903年後半から1904年初頭にかけてパブロ・ピカソによって制作された油彩の絵画。ボロボロの擦り切れた服を身につけ、やつれてうなだれた盲目の老人が、スペインのバルセロナの通りでギターの演奏を弾いている情景を描いた作品である。シカゴ美術館所蔵。


「老いたギター弾き」の制作時期は、モダニズム、印象派、後期印象派といった絵画スタイルが融合し、また表現主義的なスタイルがピカソに大きく影響を及ぼしてきた頃である。さらに、エル・グレコのマニエリスム的な歪みや、ピカソの貧しい日常生活、親友カサジェマスの自殺といった悲しい要素がピカソに強い影響を与えている時期、一般的に「青の時代」といわれる時代の作品である。


「老いたギター弾き」は、鑑賞者に瞬時に強い反応を引き起こすための要素が注意深く選ばれている。たとえば、モノクロームカラーの構成は、ギター弾きを時間と空間から乖離させたフラットで二次元的なフォルムを生成する。また全体的に抑えられた青色は憂鬱なトーンを引き出し、悲劇的テーマを強調する効果をもたらす。


さらに、ギター弾きにはすでに生命力がほとんどなく、死が迫っているようなポージングは、男の状況の悲惨さを強調している。一方で、手に持つ大きな茶色のギターは、青みがかった背景から最も離れたカラーで、鑑賞者の視点を中央に引き寄せる効果を持つだけでなく、ギターはその絶望状況下にあるギター弾きにとって、唯一、生存するための小さな希望を象徴したモチーフとなっている。


つまり、このギター弾きの主題は、ギターへの依存とそのギターから稼ぎ出すちっぽけな収入で、それはそのまま、当時のピカソの絵画への依存とそれが稼ぎ出すちっぽけな収入が反映されている。

 



スポンサー広告