丸尾末広「カリガリ博士復活」

カリガリ博士復活

ドイツ表現主義映画が丸尾風にリメイク



概要


「カリガリ博士復活」は、「マンガ宝島」82年3月号に掲載された丸尾末広による漫画作品。単行本では「薔薇色ノ怪物」に収録されている。

 

「カリガリ博士」とはドイツ表現主義の代表的な映画、1920年頃の古い映画である。これを丸尾末広が独自にアレンジした内容が「カリガリ博士復活」である。

 

原作は、カリガリ博士と夢遊病者の二人が連続殺人事件を起こしていく話を、登場人物の一人であるフランシスが回想する形で進めていくものとなっている。

 

この映画の見どころはラストのどんでんがえし。実のところ殺人事件は、それを回想をしている精神病患者フランシスの妄想だったという顛末。またカリガリ博士とは、現実世界ではフランシスが入院している精神病院の院長だったという。

 

この話を丸尾末広は独自にアレンジ。

精神病患者フランシスの役柄をメンヘラ的少女に入れ替えるわけです。少女はいつも男性に強姦される病的な被害妄想に取り憑かれている内容になるわけです。

 

怖いですねぇ、恐ろしいですねぇ・・。皆さん誰もが知ってる名作「カリガリ博士」が、あの丸尾末広が描くと、こんなにも少女たちがリアルで、思わず少女マンガなのかと錯覚してしまうほど、怖かったですねぇ。


非常に丸尾末広らしい、これぞ丸尾さんの得意ジャンルとする作品。調べてみると、この話は、寺山修司の弟子で「マンガ宝島」の編集長だった高取英の依頼によって描かれたものということもあって、ちょっと少女的なカラーが強いのでしょうかね。

 

薔薇色ノ怪物
薔薇色ノ怪物
posted with amazlet at 15.02.06
丸尾 末広
青林工芸舎

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ジョニーA (火曜日, 23 2月 2016 03:30)

    マイブログにリンク&引用、貼らせてもらいました
    不都合あればお知らせください
    なにとぞ宜しくお願い申し上げます!