【完全解説】サルバドール・ダリ「偏執狂的批判的方法」

サルバドール・ダリ / Salvador Dalí

超現実主義においてダブル・イメージ表現を発明


「記憶の固執」(1931年)
「記憶の固執」(1931年)

概要


生年月日  1904年5月11日
死去日 1989年1月23日(84歳)
国籍 スペイン
タグ 絵画、彫刻、ドローイング、著述、映像、写真
代表作

記憶の固執(1931年)

茹でた隠元豆のある

柔らかい構造(内乱の予感)(1936年)

聖アントワーヌの誘惑(1946年)

超立方体的人体(磔刑)(1954年)

公式サイト

ダリ劇場美術館

サルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク(1904年5月11日-1989年1月23日)は、一般的に“サルバドール・ダリ”という名前で知られるスペイン・カタルーニャ州の画家、シュルレアリスト。

 

ルネサンスの巨匠たちに影響を受け、身につけた伝統的な技巧で、数々のシュルレアリスム作品を制作。

 

あるイメージをあるイメージに重ね合わせて表現するダブルイメージ手法「偏執狂的批判的方法」の発明者として、シュルレアリスムでは評価されている。代表作品は1931年8月に完成させた『記憶の固執』。ここでは、時計とカマンベールチーズをダブルイメージとして表現。

 

絵画以外の活動も多彩で、メディア露出をほかのシュルレアリストより重視していたのが最大の特徴。作家、映画、彫刻、写真、そしてさまざまな大衆メディアに頻繁に登場。アメリカでは大衆文化のスターとなり『Time』の表紙にもなった。特に注目を集めたのは、ダリの奇行癖。作品以上にむしろ奇行のほうが注目を集めていたといっても過言ではない。

 

しかし、その商業的な作品や行動、またフランコ独裁やヒトラーなどファシストへの加担をほのめかす態度に疑問を持ったシュルレアリスムの創始者ブルトンにより、シュルレアリストのグループから反発を受け、除名されることもあった。

展覧会情報


世界で最も有名なスペインのシュルレアリストことサルバドール・ダリの回顧展が、2016年日本で開催される。

 

まず7月1日から9月4日まで京都の京都市美術館で展示が行われ、その後、9月14日から12月12日まで東京の国立新美術館へ巡回展示が行われる。

 

公式サイト:http://salvador-dali.jp

 

 

チェックポイント


  • 具象シュルレアリスム表現の代表
  • シュルレアリスムを一般大衆に広めた
  • 偏執狂的批判的方法(ダブル・イメージ)を開発
  • 拝金主義者として仲間から批判を浴びる
  • “柔らかい時計(記憶の固執)”の作者
  • 愛妻家ガラあってのダリ

作品解説


記憶の固執
記憶の固執
大自慰者
大自慰者
メイ・ウエストの唇ソファ
メイ・ウエストの唇ソファ
茹でたインゲン豆のある柔らかい構造
茹でたインゲン豆のある柔らかい構造
アンダルシアの犬
アンダルシアの犬

目覚めの一瞬前、ザクロの実のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢
目覚めの一瞬前、ザクロの実のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢
レダ・アトミカ
レダ・アトミカ
縄飛びをする少女のいる風景
縄飛びをする少女のいる風景
新人類の誕生を見つめる地政学の子ども
新人類の誕生を見つめる地政学の子ども
聖アントワーヌの誘惑
聖アントワーヌの誘惑

超立方体的人体(磔刑)
超立方体的人体(磔刑)
ナルシスの変貌
ナルシスの変貌
ロブスター電話
ロブスター電話
記憶の固執の崩壊
記憶の固執の崩壊
皿のない皿の上の卵
皿のない皿の上の卵

窓辺の少女
窓辺の少女
器官と手
器官と手
陰鬱な遊戯
陰鬱な遊戯
カタルーニャのパン
カタルーニャのパン
回顧的女性像
回顧的女性像

象
十字架の聖ヨハネのキリスト
十字架の聖ヨハネのキリスト
自らの純潔に獣姦される若い処女
自らの純潔に獣姦される若い処女
水面に象を映す白鳥
水面に象を映す白鳥
ポルト・リガトの聖母
ポルト・リガトの聖母

フィゲラス付近の近景(1910年)

・キャバレーの情景(1922年)

・パン籠(1926年)

欲望の謎 わが母、わが母、わが母(1929年)

部分的幻覚-ピアノの上に出現したレーニンの6つの幻影(1931年)

 ・テーブルとして使われるフェルメールの亡霊(1934年)

・ガラの肖像(1935年)

・引き出しのあるミロのヴィーナス(1936年)

燃えるキリン(1937年)

・浜辺に現れた顔と果物鉢の幻(1938年)

アメリカの詩(1943年)

・サンティアゴ・エルグランデ(1957年)

システィナの聖母(1958年)

クリストファー・コロンブスによるアメリカの発見(1958−1959年)

亡き兄の肖像(1963年)

・ペルピニャン駅(1965年)

魚釣り(1967年)

・幻覚剤的闘牛士(1970年)

ツバメの尾(1983年)

かたつむりと天使(1977-1984年)

運命(2003年)

 

 

コラム


ダリとシンボル
ダリとシンボル
ダリと科学
ダリと科学
ダリと超現実オブジェ
ダリと超現実オブジェ
ダリとセレブ業界
ダリとセレブ業界

ダリと映画
ダリと映画
ダリと政治
ダリと政治

ダリの美術館


スペイン「ダリ劇場美術館」
スペイン「ダリ劇場美術館」
諸橋近代美術館
諸橋近代美術館
カリフォルニア「ダリ17」
カリフォルニア「ダリ17」

略歴


サルバドール・ダリ誕生


ダリの家族。左から2番目と3番目が両親。中央がダリ。妹が右端の女の子。
ダリの家族。左から2番目と3番目が両親。中央がダリ。妹が右端の女の子。

スペインの美術の巨匠ことダリ(本名:サルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク)は、スペイン、カタルーニャのフランスとの国境線沿いにあるポルタ地方フィゲラスの町で、1904年5月11日午前8時45分に生まれました。

 

“サルバドール”という名前の兄(1901年10月12日生まれ)がいました、ダリが生まれる9ヶ月前、1903年8月1日に胃腸炎で亡くなっています。サルバドール・ダリというのはこのお兄さんの名前から由来しているようです。5歳のときにダリは両親に兄の墓の前に連れていかれ、兄の生まれ変わりであることを告げられます。

 

このことにダリに大きなショックを受けました。というのも、ダリは自身が親から愛されているのは「兄の生まれ変わりであること」であり、自分自身は愛されないのかと思ったからです。そのことがトラウマとなり、ダリは兄の名前”サルバドール”を名乗ることになります。

 

ダリのお父さんはミドルクラスの公証人で、厳格な気の短い性格でした。お父さんは小さい頃よくダリに梅毒の病気の写真を見せてダリを怖がらせたようです。この父から教えこまられた性病がトラウマになって、ダリは性的なものに対して恐ろしい不安を抱くようになりました。

 

ダリのお母さんはもともと画家だったので、ダリの芸術的な才能を励ましてくれる優しい人でした。1921年2月、ダリが16歳のときにダリの母は肺がんで亡くなりますが、のちに母の死について「人生の中で最もショックな出来事だった」と語っています。ダリの母の死はダリにマザー・コンプレックスを与えることになります。

 

ほかにダリには、アナ・マリアという3歳年下の妹がいます。彼女は「窓辺の少女」を何度か初期ダリの絵のモデルとしても登場しています。ガラが現れるまではダリとは仲がよかったのですが、中年以降になると仲違いを始めます。1949年にマリアはダリに関する本『妹から見たダリ(Dalí As Seen By His Sister)』を出版し、ダリと論争を起こしました。喧嘩していると時に、妹へ復讐する意図で描いた作品が「自分自身の純潔に獣姦される若い処女」でだそうです。

 

ダリが正式に美術の教育受け始めるのは1916年。この年に美術学校に入学します。また夏休みに印象派画家のラモン・ピショットの家族とともにカダケスやパリを旅行し、そこでダリは近代美術に出会って、美術に対して大きな影響を受けるようになります。

 

その翌年、ダリの父は自宅でダリの木炭画の個展を企画して開催しました。一応、ダリの公への初めての展示は1919年にフィゲラス市民劇場でのグループ展示となっています。

 

パリの前衛美術家たちと合流


ロルカ(左)とダリ(右)
ロルカ(左)とダリ(右)

1922年、ダリはマドリードにある王立サン・フェルナンド美術アカデミーの学生寮「レジデンス」へ入学します。このときからすでに後のダリの原型ができあがっており、ダンディズムと同時にエキセントリックで奇行癖が始まり、学内から注目を集めはじめます。

 

ダリは19世紀後半のイギリス貴族のファッションを真似ています。学生時代からダリは長髪で、揉み上げを伸ばし、口ひげをたくわえはじめ、コート、ストッキング、ブリーチを身につけていたようです。

 

また、レジデンス時代にダリは、フェデリコ・ガルシーア・ロルカ(詩人)、ルイス・ブニュエル(映画監督)と知り合いになります。特にロルカとの友情はあついものでした。友情があつすぎで同性愛者であったロルカはダリに肉体的関係を迫るようになります。これにはダリも参りました。ロルカからの肉体的関係はさすがに断りました。ダリは女性恐怖症でしたが同性愛者ではありませんでした。ルイス・ブニュエルはのちにシュルレアリスム映画の傑作「アンダルシアの犬」を共同制作しますが、後年に喧嘩別れしています。

 

また、この頃から当時パリで流行りつつあったピカソを中心とした前衛芸術運動キュビズムに興味を持ち始め、ダリ自身もキュビズムの実験を試みはじめるようになります。1924年当時のスペインでは、キュビスムの技法を使う人はダリ以外にだれもいなかったので、大変注目を集めまだようです。ダリによって初めてキュビスムの解説がスペインで行われたともいいます。ほかにダリはダダイズムの影響を受け、ダダ的芸術手法も試みています。

 

1925年、バルセロナのダルマウ画廊で最初の大規模な個展を開きました。

 

1926年に大学を退学。その年にパリを訪れて、以前から尊敬していたパブロ・ピカソと会います。ピカソは事前にジョアン・ミロからでダリに対する好意的な噂を聞いていたため、初めて出会ったときから非常に良い印象をもたれたようです。

 

そして、ダリは1924年から始まったシュルレアリスム運動に影響を受け、自身も運動に参加します。特にパブロ・ピカソジョアン・ミロイヴ・タンギージョルジュ・デ・キリコマックス・エルンストなどから多大な影響を受けて、彼らの影響が色濃い作品を多数制作します。

 

前衛芸術から影響を受ける一方でダリは、古典美術からも影響を受け、それら両方をうまいぐあいに自身の作品に取り込んで発展させていきました。古典絵画では、ラフェエル、ブロンズィーノ、ベラスケス、フランシスコ・デ・スルバラン、フェルメールから影響を受けているようです。

 

 

ミューズでありマネジメントであるガラ


「レダ・アトミカ」。レダはガラの肖像となり、ダリは白鳥に姿を変える。
「レダ・アトミカ」。レダはガラの肖像となり、ダリは白鳥に姿を変える。

1929年8月にダリは彼のミューズであり、のちに妻となるガラと運命的に出会います。ガラはロシア移民で、ダリより10歳年上。当時は、詩人のポール・エリュアールの妻でした。 ガラはダリの芸術活動のインスピレーションの源泉となり、彼の芸術活動をよく支えました

 

ビジネスの才能があったガラはダリをうまくマネジメントもしました。ダリが売れない時代、ガラは必死にガラの作品の営業をしたようです。

  

ダリのめざましい成功は、作品のすばらしさもさることながら、その宣伝のうまさとガラの抜け目ないマネジメントの力が大きかったようです。1934年には、わずか30歳の若さで、世界中からばく大な報酬を得るようになりました。 

 

ダリの父は息子が既婚の女性と付き合っていることに対して大変怒り、ダリを勘当します。パリのシュルレアリストたちがダリに悪影響を与えているとダリの父は言うのです。このことがきかっけで、以後1948年までダリ親子は一度も会わなくなりました。

 

しかし、ダリとガラは1929年から同棲をはじめ1934年に婚姻届を出して、秘密裏に結婚します。秘密裏なので結婚式は挙げていません。ダリとガラが結婚式を挙げて公にしたのは同棲後、約30年経った1958年です。

 

 

ルイス・ブニュエルとの共作


「アンダルシアの犬」から。手のひらに沸き立つ蟻は死を象徴している。
「アンダルシアの犬」から。手のひらに沸き立つ蟻は死を象徴している。

1929年、ダリはパリを再訪し、ルイス・ブニュエルとのコラボーレション作品「アンダルシアの犬」を制作します。この作品はブニュエルとダリが互いに出し合った無意識のイメージ群を映像化したものということになっています。イメージの断片を継ぎ接ぎにしているため、明確なストーリーはありません。ただし、エロスとタナトスの表現対比が目立つ内容となっています。

 

「アンダルシアの犬」でダリが担った役割は、ブニュエルの脚本やビジュアルイメージのサポートだったといわれています。実際の撮影はルイス・ブニュエルが中心でしたが、ダリはのちにイメージや脚本だけではなく、撮影にも重要な役割を担ったと主張しているようです。このことは現在、事実かどうかは分かっていません。

 

 

偏執狂的批判的方法


「記憶の固執」。
「記憶の固執」。

1929年、ダリはプロの画家として重要な個展を開催します。またジョアン・ミロの推薦でパリのモンパルナスに集うシュルレアリムのグループに公式に参加します。

 

ダリの作品についてはシュルレアリスムのグループに参加する前からすでにシュルレアリストたちに大きな影響を与えています。そのためパリのシュルレアリストたちは、芸術的創造のため無意識の世界にアクセスできる「偏執狂的批判的方法」と呼ばれるダリ独自の美術表現を歓迎しました。

 

「偏執狂的批判的方法」はダブル・イメージ手法といわれます。それはあるイメージがあるイメージと似ているため、両方を同一視したように描く方法です。たとえば、ダリは砂浜を見ていると人の顔に見えてきたことがあるようです。そうして生まれたのが

 

1930年、ダリはポルト・リガトの近くに漁師の小屋を買いとります。これが以後、40年、ガラが死去するまでダリが住処として、またアトリエとしていた建物です。一般的に名前は「ポルト・リガトのダリの家」といいます。あの横尾忠則さんも訪れたことがあります。仕事が順調に発展していくにつれ、ガラと2人でその家を増築されていきました。

 

そして、1931年にダリは彼の代表作品「記憶の固執」を完成させます。それは抽象的な柔らかいもの、懐中時計、アリなどのモチーフで構成されており、柔らかくフニャフニャした時計は、規律性、剛直性、決定論的意味を持つ「時間」に対する拒否を意味しているといいます。

 

剛直性に対する拒絶という考えは、長く引き伸ばされた風景や群がったアリによってぐったりした時計でも見られます。ダリは性的不能であり、時間の経過とともに柔らかくなる男根に対する不安がつきまとっていたといいます。絵の中心の白い物体は、「大自慰者」であり、ダリの自画像だといわれています。大自慰者は、ダリのさまざまな作品に現れます。

 

 

「海辺に出現した顔と果物鉢の幻影」
「海辺に出現した顔と果物鉢の幻影」

ブルトンとの対立


シュルレアリスムのリーダーことアンドレ・ブルトン。
シュルレアリスムのリーダーことアンドレ・ブルトン。

アンドレ・ブルトンをはじめシュルレアリストの多くが共産主義思想と関わりをもっていくなかで、ダリは政治と芸術の関係に適度な距離おいて、あいまいな立場を表明します。

 

シュルレアリストのリーダーであるアンドレ・ブルトンは、ヒトラーのファシズムを賛美するようかのような態度のダリを非難しましたが、ダリはブルトンの非難に対して「私はヒトラーを支持しているわけではないが非難もしない」と弁明しました。1970年の自伝でダリは共産主義の思想を捨て去り、アナーキズムとモラリストの両方の思想と述べています。しかし、いまいちダリの政治的思想は理解されず、フランコ将軍やヒトラー側のファシズムと見られていたようです。

 

ダリにとってシュルレアリスムは、政治に関与しない方向で発展する可能性がある芸術であると主張していました。その理由もあってファシズムを非難することを拒否していました。しかし1934年に、結局ダリはシュルレアリスムから追放されることになりました。追放されたことに対してダリは、「私自身はシュルレアリスト」と弁明しています。

 

 

ニューヨークで世界的なスターとして活躍


ダリは1934年に前衛美術の画商ジュリアン・レヴィの助力によりアメリカのニューヨークにわたります。ちなみにジュリアン・レヴィはアンリ・マティスの息子です。代表作『記憶の固執』を中心としたニューヨークでのダリの個展がジュリアン・レヴィ画廊で開催され、ダリはニューヨークで大評判になりました。『記憶の固執』はこのときはじめて公開され、購入され、その後、ニューヨーク近代美術館に収蔵されることになりました。

 

アメリカの富豪集団「ソーシャル・レジスタ」が、ダリのために特別に催した企画「ダリ・ボール(DAli Ball)」で、ダリは胸にガラスケースのブラジャーを身に付けて現れて、話題になりました。

 

同年、ダリとガラはコレクターで有名なカレス・クロスビーが開催するニューヨークの仮面舞踏会パーティに参加します。当時、「リンドバーグの赤ちゃん誘拐事件」が世間を騒がしていたころで、そこでダリはガラに血塗れの赤ちゃんの死体を模したドレスを着せ、頭にリンドバーグの赤ちゃんの血まみれの模型をのせて悦に入っていたといいます。

 

そのためマスコミから非難が集中しました。しかし、この事件はダリによると少し異なり、ガラは頭にリアルな子どもの人形を結びつけてはいました、血塗られてはおらず、頭骨にアリが群がり、燐光を発するエビの足ではさまれていたものだったといいます。

 

1936年、ダリはロンドン国際シュルレアリム展に参加します。このときちょっとした事件が起こります。ダリは潜水服に身を包んだ姿で、ビリヤードのスティックを持ち、ロシアのボルゾイ犬を2匹引き連れて現れ「 Fantômes paranoiaques authentiques」という講演会を行いました。講演のため壇上に上がったのですが、その潜水服の重さのため直立することはできず、演壇に寄りかからなければならなりませんでした。また、水中ヘルメットのガラスごしで話すため、来場者はダリが何を言っているのか全くわかりませんでした。

 

さらに、このとき潜水服の酸素供給がうまくいかず、ダリは窒息状態に陥りました。ダリが、しきりにボルトで固定されたヘルメットをはずしてくれ、とジェスチャーで訴えるのですが、来場者はこれはダリのパフォーマンスだと思って、みんな笑いだす始末でした。幸い、来場者のひとりが事の重大さに気づきました。スパナを使ってヘルメットをはずし、ダリはようやく助かることができました。あやうく窒息死するところだったようです。

 

1936年に、ニューヨークのジュリアン・レヴィ・ギャラリーでジョゼフ・コーネルの初の映画作品「Rose Hobart」が上映され、ダリは別の事件のために有名になります。レヴィの短編シュルレアリム映画はニューヨーク近代美術館での最初のシュルレアリム展と同時開催することになり、美術館ではダリの作品がメインとなりました。

 

ダリはコーネルの映画を観るために上映会場に聴衆とともにいたが、途中でフィルムを介して、彼は怒り始め、プロジェクターを叩き、コーネルにつかみかかり、「お前は俺の頭からアイディアを盗んだ!」とわめき散らしたようです。

 

当時のダリの大パトロンは、イギリスの詩人で富豪のエドワード・ジェイムズでした。彼はダリの作品をたくさん購入してダリの美術業界への参加を手助けしました。また「ロブスター電話」「唇ソファ」などコラボレート作品を作り、長くシュルレアリスムムーブメントのイコンを務めました。 

 

1938年に、ダリは若い時の彼のヒーローだったジグムント・フロイトとオーストリアの小説家シュテファン・ツヴァイクを通じて面会し、フロイトのポートレイトを描いてます。フロイトはのちにツヴァイクに送った手紙には「これまで私はシュルレアリスト―彼らは私を守護神にしていたようですが―というものは、100パーセント(アルコール分を除けば95パーセントでしょうか)ばかだと思っていました。しかし、才気にあふれ、狂信的な目をしたスペイン人の若者は疑いもなく巨匠の腕をもっています。どうやら評価を変えなければならないようですね。」と書いています。このことを聞いたダリは大変喜んだといいます。

 

1939年に、ダリはフランスのリビエラのロクブリュヌにあるガブリエル・ココシャネルの自宅「La Pause」に招待されます。そこでダリは巨大な絵画を描き、ニューヨークのジュリアン・レビー・ギャラリーで展示されました。20世紀末、La Pauseはダラス美術館によって一部複製され、リーブスコレクションやシャネルのオリジナル家具の一部として収蔵されました。

 

1938年に、ダリは2体のマネキンと自動車で構成されたインスタレーション作品「雨降りタクシー」を発表します。これはパリの国際シュルレアリスム展会場「Galerie Beaux-Arts」で、その一部が初めて展示されました。このときの企画はアンドレ・ブルトンとポール・エリュアールで、マルセル・デュシャンが展覧会をデザインをし、またホストを務めました。

 

1939年のニューヨーク国際博覧会で、ダリは博覧会のアミューズメントエリアにて、シュルレアリスムパビリオン「ヴィーナスの夢」を披露します。それは奇妙な彫刻、彫像、妙なコスチュームをしたヌードモデルなどを特色としたものでした。

 

同年、アンドレ・ブルトンはダリにサルバドール・ダリの名前をもじったアナグラム「Avida Dollars(ドルの亡者)」というあだ名を付けたようです。これはダリの作品が年々商業主義的になっていくことを皮肉ったあだなで、一方、ダリは「名声」と「富」によってより自己肯定を求めて行いました。その後、多くのシュルレアリストたちはダリが死ぬまで極めて厳しい論争をしかけました。

 

 

「我が秘められた生涯」と文筆的才能


第二次世界大戦時が勃発すると、ダリとガラは戦禍を避けてアメリカのカリフォルニアへわたり、そこで戦争が終わるまで8年間生活します。ダリとガラはの二人は、フランスのボルドー在住のポルトガル人外交官アリスティデス・デ・ソウザ・メンデスが発行した無料ビザを使うことで、1940年6月20日に亡命できました。

 

 「この時代、ダリはずっと文章を書いていた」と言われており、1941年にダリは「Moontide」というジャン・ギャバン主演の映画企画を立てます。そして1942年に自伝『わが秘められた生涯』を刊行。ダリは本の中でダリの文才の発揮の裏には、ガラのマネジメント力の大きさについて話しています。

 

「ガラは、私には話すだけでなく文章を書く才能がある、グループの人々の想像をはるかに超えた、哲学的深い意味を持つ文章を書けるということを皆に知らしめようと、とりつかれたように奔走した。ダリは私が書き散らしたそのままでは意味をなさない、ばらばらの走り書きをかき集め、たんねんに読み込み、なんとか読める(系統だった形)にまとめた。さらに、すっかり形の整ったこの一連のメモを理論的で詩的な作品にすべく、忠告を与えて私にまとめさせ、『見える女』という本をつくりあげた。これは私の初めての著書であり、「見える女」とはガラのことだった。しかし、この本で展開した考えゆえに、やがて私は、シュルレアリスムの芸術家の絶え間ない敵意と不信の只中で、戦うこととなった。」

 

また『わが秘められた生涯』でダリは、共産主義者でアナーキストだったルイス・ブニュエルについて「ブニュエルは無神論者だ」と書きました。ダリの本に書かれていることが原因でブニュエルは当時働いていたニューヨーク近代美術館から解雇されてしまいます。その後、ブニュエルはハリウッドへ移動して、1942年から1946年までワーナー・ブラザーズのダビング部門で働くことになったようです。

 

科学志向とカトリック回帰


「記憶の固執の崩壊」
「記憶の固執の崩壊」

戦争が終わると、1949年にダリはスペインのポルトリガトの自宅に戻り、そこで残りの人生を過ごすことになります。当時のスペインはフランコ独裁体制でしたが、ダリはフランコ将軍に近づきます。このことはシュルレアリストや知識人たちから大変な非難を浴びました。

 

またダリは、戦後、自然科学や数学に対して興味を抱き始め、作品にそういった要素を取り入れます。1950年代からの絵画作品によく現れ、たとえばサイの角状のモチーフを主題とした作品(「記憶の固執の崩壊」など)をよくを描いてますが、ダリによればサイの角というのは対数螺旋状に成長する素晴らしい幾何学芸術だというのです。

 

その一方で、科学とは正反対にカトリックに回帰もします。そうして、カトリック的な世界観と近代科学が融合した作品が現れ始めます。代表的なのが純潔と聖母マリアというテーマとサイの角を結びつけた傑作「自分自身の純潔に獣姦される若い処女」でしょう。ほかにまDNAや4次元立方体にも関心を持ち始めます。ハイパーキューブを主題にした作品「磔」などが代表的な作品といえるでしょう。

 

 

サルバドール・ダリの最期


アマンダ・リアとダリ
アマンダ・リアとダリ

1968年にダリはガラのためにプボル城を購入してプレゼントします。これはガラの別荘です。当初は夏の一時的期間に別荘として過ごしていたのですが、1971年頃からガラはプボル城にひきこもりがちになります。一度行くと数週間は一人でこもって出てこなくなってしまいました。これは、ダリがアマンダ・リアと不倫していたことが問題だったといわれます。

 

ダリによれば、ガラの書面での許可なしにプボル城へ出向くことは固く禁じられていたようで、ガラの生前はダリさえもほとんど入ったことはありませんでした。長年のミューズであるガラからの疎遠はダリを不安にさせました。ダリはうつ病になり、健康を害し始めました。

 

1980年、76歳のダリは体調を崩しがちになります。右手はパーキンソン病の症状でひどく震えるようになりました。体調悪化の原因として、ダリは危険な処方箋を投与されて神経系は損傷したためだとガラは話しています。

 

1982年、ダリはフアン・カルロス1世 (スペイン王)から「マルケス・デ・ダリ・デ・プボル」の貴族の称号を与えられます。プポルというのはダリがガラにプレゼントしたジローナのプポル村にある中世の城の名前です。わずかな期間でしたが、実際にダリもガラが死去したあとにプボル城で過ごしていたため、プボルという称号が与えられたのでしょう。

 

1982年6月10日、最愛のパートナーのガラが亡くなります。87歳でした。ガラが亡くなるとダリは生きる気力を完全に失いはじめます。その後は自殺未遂の繰り返しです。そして、ポルトリガトのダリの自宅から、ガラが住んでいたプボル城へダリは移り住みます。

 

体調だけでなく経済問題も発生しました。これまでダリ財布の紐はガラが管理していたわけですが、ガラが死去してから自分でお金の管理をしなければならなくなりました。しかし、世間に疎かったダリにはガラのような金銭感覚はまったくありません。非常にルーズで人に際限なく、お金を貸しまくり、もちろん踏み倒されて借金まみれになっていきます。

 

1983年5月、ダリはルネ・トムの数学的破局論の影響を受けた最後の作品「スワロウ・テイル」を完成させます。これで絵描きとしてのダリの人生は終わります。

 

1984年、プボル城で原因不明の寝室の火事でダリは大やけどします。おそらくダリの自殺未遂だったと言われています。

 

1988年11月、ダリは心不全により病院へ搬送されます。ペースメーカーは入院前からすでに身体に埋め込まれていました。1988年12月5日、フアン・カルロス1世 (スペイン王)が病院に見舞いにきました。

 

1989年1月23日、ダリの好きなレコード「トリスタンとイゾルデ」を聴きながら、84歳で死去。遺体はフィゲラスにあるダリの劇場美術館の地下に埋葬されました。

 

略年譜


■1904年

・5月11日フィゲラスに生まれる。父親は公証人サルバドール・ダリ・クシ、母親はフェリッパ・ドメネク・フェレス。

 

■1908年

・妹アナ・マリアが生まれる。

 

■1917年

・父が家でダリの木炭デッサンの展覧会を開く。

 

■1919年

・フィゲラス市立劇場(後のダリ劇場美術館)のコンサート協会の展覧会に出品する。

 

■1920年

・小説『夏の夕方』を書き始める。

 

■1921年

・2月に母親が死去。翌年、父はダリの母親の妹であるカタリナ・ドメネク・フェレスと結婚する。

 

■1922年

・バルセロナのダルマウ画廊で開催されたカタルーニャ学生会主催の学生のオリジナル絵画コンクールに出品する。ダリの作品「市場」は大学長賞を受賞する。

・マドリードでサン・フェルナンド王立美術アカデミーに通、学生寮に暮らしながら、後に知識人や芸術家として活躍する友人たち(ルイス・ブニュエル、フェデリコ・ガルシア・ロルカ、ペドロ・ガルフィアス、エウへニオ・モンテス、ペピン・ベヨなど)と親しく交流。

 

■1923年

・教授であった画家のダニエル・ヴァスケス・ディアスに反対する学生デモを先導した理由で、美術アカデミーを放校される。

・フィゲラスに戻り、ファン・ヌニュスの授業に出席、版画の新しい方法を学ぶ。

 

■1924年

・秋に美術アカデミーに戻り、再授業を受ける。

 

■1925年

・マドリードでの第一回イベリア芸術家協会展に出品し、ダルマウ画廊で初個展を開催する。

 

■1926年

・マドリードでのカタルーニャ現代美術展や、バルセロナのサラ・パレスでの第一回秋のサロンなどに出品。

・パリへ旅行しピカソに会う。

・再び美術アカデミーを放校される。フィゲラスに戻りを絵を描くことに専念。

 

■1927年

・ダルマウ画廊で2回目の個展を開催し、サラ・パレスでの第2回秋のサロンにも出品。

・フィゲラスの兵役につく。

・フェデリコ・ガルシア・ロルカの『マリアナ・ピネダ』の舞台装置と衣装を担当。

 

■1928年

・ダルマウ画廊での前衛芸術の宣言展に参加。

・ルイス・モンターニュとセバスチャン・ゴーシュとともに、『マニフェスト・グロッグ・カタルーニャ反芸術宣言』を発行。

 

■1929年

・ジョアン・ミロを通じてシュルレアリストのグループと交流。

・ルイス・ブニュエルとの共同制作である映画『アンダルシアの犬』を編集。

・夏はカダケスで過ごし、画商ゲーマンス、ルネ・マグリットとその妻、ルイス・ブニュエル、ポール・エリュアールと妻のガラ、その娘セシルなどがダリを訪ねる。

・パリのゲーマンス画廊で個展を開催。

・ガラとの恋愛関係が原因で家族に亀裂が入る

 

■1930年

・ブニュエルとの共同制作の第2作目、『黄金時代』がパリのスタジオ28で上映される。

・シュルレアリスム出版がダリの本『見える女』を出版。

 

■1931年

・パリのピエール・コル画廊で個展を開催。『記憶の固執』を出品。

・コネチカット州ハートフォードのワーズワース文芸協会で行われたアメリカ合衆国で初めてのシュルレアリスムの展覧会に参加。

・『愛と思い出』という本を出版。

 

■1932年

・ニューヨークのジュリアン・レヴィ画廊での、シュルレアリスム:絵画、ドローイング、写真展に参加する。

・ピエール・コル画廊での2回目の個展を開催。

 

■1933年

・パリの『ミノトール』誌の創刊号に「ミレーの<晩鐘>」の強迫観念のイメージの偏執狂的批判的解釈」という本の序章が掲載される。

・ピエール・コル画廊でのシュルレアリストのグループ展に出品、3回目の個展も開催する。

・ニューヨークのジュリアン画廊で個展開催。

 

■1934年

・イブ・タンギーとアンドレ・ガストンとの立ち会いのもと、ガラと入籍。

・パリのグラン・パレのアンデパンダン展における50周年記念展に参加。この展覧会に参加することを拒否した他のシュルレアリストたちの意見を無視しての参加だった。これがブルトンのグループから離れるきっかけとなる。

・ロンドンのツェンマー画廊にて個展を開催。

・ガラとともにアメリカを訪れる。

・『ニューヨークが私を迎える』という冊子を発行。

 

■1935年

・ノルマンディー号でヨーロッパに戻る。

 

■1936年

・ロンドンで開催された国際シュルレアリスム展に参加。

・ニューヨーク近代美術館での幻想芸術ダダ・シュルレアリスム展に参加。

・『TIME』誌の表紙を飾る。

 

■1937年

・2月にハリウッドでマルクス兄弟に会う。

・ダリとガラがヨーロッパに戻る。

・パリのレヌー・エ・コル画廊でハーポ・マルクスの肖像画と映画のために2人で描いたデッサンを展示。

 

■1938年

・パリの国際シュルレアリスム展に『雨降りタクシー』を出品。

 

■1939年

・ニューヨーク万国博覧会に参加するための契約書を交わし、「ヴィーナスの夢」館のデザインを行う。しかしながら、正面に頭部を魚に変えたボッティチェリのヴィーナスの複製を展示することを万博委員会に却下される。それに対してダリは『自らの狂気に対する想像力と人間の権利の独立宣言』を出版。

・メトロポリタン・オペラハウスにてダリがパンフレット、衣装、舞台装置をデザインしたバレエ『バッカナール』が上演。

・9月、ヨーロッパに戻る。

 

■1940年

・ドイツ軍のボルドー進出にともない、ダリ夫妻はしばらく滞在していたアルカーションを離れアメリカに移住、1948年まで滞在。アメリカに着くと、ヴァージニア州ハンプトン・マナーのカレス・クロスビーの元に滞在する。

 

■1941年

・写真家フィリップ・ホルスマンとともに写真の仕事をし始める。

・ニューヨークのジュリアン・レヴィ画廊での展覧会。そのカタログに序文「サルバドール・ダリの最後のスキャンダル」をダリ自身が書いている。

 

■1942年

・自伝『わが秘められた生涯』を出版。

 

■1943年

・レイノルズ・モース夫妻が初めてダリの絵『夜のメクラグモ・・・・・・希望!』を購入する。春には、ニューヨークのヘレナ・ルビンスタインの部屋の装飾に携わる。5月、実話をフェデリコ・ガルシア・ロルカが脚色した新作バレエ『カフェ・デ・チニータス』のデザインに入る。

 

■1944年

・『ヴォーグ』誌の表紙をデザインする。

・10月、ニューヨークのインターナショナル・シアターにて、インターナショナル・バレエがダリの舞台美術で『感傷的な対話』を上演する。

・12月、ニューヨークでインターナショナル・バレエのプロデュースによる、初のパラノイアック・バレエ『狂えるトリスタン』が上演される。ダリは、ワーグナーの『トリスタンとイゾルデ』から、このバレエの着想を得た。

 

■1945年

・ヒッチコックの映画『白い恐怖』の一連の夢のシーンを制作するため、ハリウッドに移住する。

・ビグノウ画廊で「サルバドール・ダリの新作絵画展」を開催。この展覧会のために、自分自身の作品と動向を掲載した『ダリ・ニュース』の第一号を自ら発行する。

 

■1946年

・『ヴォーグ』誌のクリスマス号の表紙のデザインをする。

・ウォルト・ディズニーと映画『デスティーノ』の契約を交わす。

 

■1947年

・『ダリ・ニュース』の最終号となる第2号を発行。カタログには「ダリ、ダリ、ダリ」と「追記:短いがわかりやすい美術史」 を寄稿。

 

■1948年

・『描くための50の秘法』を出版。

・6月、スペインに戻る。

・11月、ルキノ・ヴィスコンティ演出のシェイクスピアの『お気に召すまま』がエリセオ劇場で上演される。舞台装置と衣装をダリが担当した。

 

■1949年

・ダリが舞台と衣装をデザインしたリヒャルト・シュトラウス原作の『サロメ』がロンドンのコベント

・ガーデンにて上演される。その後、ホセ・ゾリーヤの『ドン・ファン・テノリオ』がマドリッドのマリア・ゲレロ劇場で上演される。

・『トリビューン』誌に「ダリの自動車」という記事が掲載。

・12月、アナ・マリアが、妹の視点で書いたダリについての本を出版する。

 

■1950年

・妹の本への反論として、『メモランダム』という冊子を発行。

・『ヴォーグ』誌に「ダリのガイドでスペインへ」を掲載。

 

■1951年

・パリで「神秘主義宣言」とそれに基づいた作品を発表。

・カルロス・デ・ベイステギがヴィネツィアのラビナ・パレスで仮装舞踏会を企画。ダリはそこに自らがデザインし、クリスチャン・ディオールが制作した衣装で登場する。

 

■1954年

・ローマのパラッツォ・パラヴィッチー二でダンテの『神曲』を基にしたデッサンを展示する。この展覧会で、ダリがルネサンスを象徴する『形而上的な立方体』を登場させた。

 ・フィリップ・ホルスマンとの共作の本『ダリの口髭』が出版される。

 

■1955年

・シェイクスピアの作品を原作とした映画『リチャード3世』のプロモーションのため、リチャード3世役のローレンス・オリビエの肖像を描く。

・12月「偏執狂的批判的の方法論の現象学的様相」と題した講演会をパリのソルボンヌ大学で行う。

 

■1956年

・アントニ・ガウディへのオマージュとしての講演会をバルセロナのグエル公園で開催。

 

■1958年

・パリのフェリアで、エトワール劇場で行われる講演会のための12メートルのパンの製作を依頼される。

・8月8日、ダリとガラは、ジローナ近郊のロス・アンヘレス聖堂で結婚式を挙げる。

・カーステアース画廊での展覧会のため、『反物質宣言』を発行。

 

■1959年

・年末にダリは新しい乗り物「オボシペド(卵足)」を発表する。

 

■1960年

・ドキュメントフィルム『カオスとクリエーション』を撮影する。

・ジョセップ・フォレットから依頼された『神曲』が完成。そのイラストは、パリのガリエラ美術館に展示される。

・「または形:ベラスケスへのインフォーマルなオマージュ」展のカタログに「ベラスケス、絵画の天才・・・」という文を書く。

 

■1961年

・ヴィネツィアのフェニーチェ劇場で『スペイン婦人とローマの騎手』が上演される。音楽はスカルラッティ。5つの舞台デザインがダリ。バレエ『ガラ』は、振付がモーリス・ベジャール、舞台美術と衣装がダリ。

・アートニュースに「ベラスケスの秘密の数字を解き明かす」を掲載。

 

■1963年

・『ミレーの<晩鐘>の悲劇的神話』という本を出版する。

 

■1964年

・スペインの最高栄誉であるイザベル・ラ・カトリカ賞を与えられる。大回顧展を東京と京都で開催する。

・ターブル・ロンダ社から『天才の日記』を出版。

 

■1965年

・回顧展「サルバドール・ダリ1910-1965」がニューヨーク近代美術館で開催される。そのカタログにダリは「歴史と絵画の歴史のレジュメ」という文を発表する。

 

■1968年

・ニョーヨーク近代美術館で開催された「ダダ-シュルレアリスムとその遺産」という展覧会に参加。フランスの五月革命に際して、ソルボンヌの学生に配布するために『わたしの文化革命』を発行する。

 

■1969年

・プボルの城を買い取り、ガラのために装飾する。

 

■1970年

・パリのギュスターヴ・モロー美術館で記者会見を開き、フィゲラスのダリ劇場美術館の計画について発表する。

・ロッテルダムのボイマンス・ファン・ベーニンゲン博物館が大回顧展を企画。

 

■1971年

・レイノルズ・モースのコレクションを集めたオハイオ州クリーブランドのダリ美術館が開館。

・マルセル・デュシャンに捧げるチェスをアメリカ・チェス協会のために制作する。

 

■1972年

・ノドラー画廊で、ダリがデニス・ガボールとコラボレーションして制作した世界初のホログラフィー展が開催される。

 

■1973年

・ドレーゲル社から『ガラのディナー』が出版される。プラド美術館で「ベラスケスとわたし」と題した講演会を開催。

 

■1974年

・9月28日、ダリ劇場美術館開館。

 

■1978年

・ニューヨークのグッゲンハイム美術館に、ダリの最初の超立体鏡作品『ガラにビーナスの誕生を告げるため地中海の肌をめくってみせるダリ』が展示される。

 

■1979年

・ジョルジュ・ポンピドーセンターでダリの大規模な回顧展と同時にこのセンターのために考えた『最初の環境』が開催される。

 

■1980年

・5月14日から6月29日まで、ロンドンのテート・ギャラリーで回顧展が開催。この展覧会には251点が展示される。

 

■1982年

・フロリダ州セント・ピーターズバーグに、レイノルズ・モース夫妻所有のサルバドール・ダリ美術館が開館する。

・6月10日、ガラがポルト・リガトで死去。

・国王カルロス1世がダリをマルケス・デ・ダリ・デ・プボルと命名、爵位を与える。

・プボル城へ移り住む。

 

■1983年

・「1914年から1983年のダリの400作品」という大きな展覧会がマドリード、バルセロナ、フィゲラスで開催される。

 

■1984年

・プボル城が火事になり、フィゲラスのガラテア塔に移り住む。呼び鈴の火花が引火の原因といわれている。

 

■1989年

・1月23日、ガラテア塔で逝去。

 

参考文献


あわせて読みたい

ガラ・ダリ

パブロ・ピカソ

ジョアン・ミロ

ルネ・マグリット