【作品解説】サルバドール・ダリ「記憶の固執の崩壊」

記憶の固執の崩壊

The Disintegration of the Persistence of Memory

量子力学と原子核の時代を表現


概要


「記憶の固執の崩壊」は、1954年にサルバドール・ダリによって制作された油彩作品であり.1931年に制作された「記憶の固執」のリメイク版。原題は「記憶の固執の調和した崩壊が始まっている高度に着色された魚の目の染色体」である。1954年にニューヨークのカーステアズ・ギャラリーで初めて展示された。


オリジナルの違いとしては、まず背景の海岸が前作よりも前に寄せており、浸水した状態になっていることである。主題となる「崩壊」を浸水で表現しておりカダケスの風景は、今、浸水状態にありつつある。


オリジナル版にあった左側の平面ブロックはフロートレンガ状の小さな形状に分割された表現に変わっている。この細かく分割されたブロックは、当時、ダリが関心を持っていた原子核で、量子力学の時代を象徴している。そして、ブロックの背後にあるたくさんの角は原子爆弾を象徴するもので、宇宙には秩序があるにも関わらず、人類がその秩序を破壊する可能性があることを強調しているという。


柔らかい時計がかけらているオリーブの木もまた、バラバラに解体されて死が迫っている。4つの時計の縁やダイヤルも分解されてバラバラになりつつある。


中央の大自慰者はオリジナルよりも透明状のゼラチン状となり、その上方に魚が並置されている。オリジナル版では魚は描かれていなかったが、ダリによれば「魚は私の人生を象徴するものだ」と語っている。


あわせて読みたい

記憶の固執
記憶の固執
大自慰者
大自慰者
自分自身の純潔に獣姦される若い処女
自分自身の純潔に獣姦される若い処女
新人類の誕生を見つめる地政学の子ども
新人類の誕生を見つめる地政学の子ども