有名アートフェア来場者数ランキング2014

新興アートフェアの増加で来場者数は減少


最近「ニューヨーク・タイムズ」が、世界中のアートフェアの成長がスローダウンしているという記事を発表した。

 

2014年に開催された世界のトップ20のアートフェアの総動員数は約103万人で、前年よりも7.4%減少したという。原因としては、近年、数多く現れたアートフェアやミドルマーケットの影響で、”art fair fatigue(アートフェアの疲弊)”が起こっているという。


最も動員数の高いのが「マドリード国際芸術見本市( ARCO Madrid)」で92000人。続いて「アート・マイアミ」が82500人、「アートBA ブエノス・アイレス」」が77000人。「アート・バーゼル」が74500人、「コンテポラリー・イスタンブール」が74000人となっている。(ArtNews