バルテュス「夢見るテレーズ」

横向きの少女は何を夢見るか?


「夢見るテレーズ」は1938年にバルテュスによって制作されて油彩作品。作品のモデルはパリで隣に住んでいた失業者の娘テレーズ・ブランシャールで、バルテュスの最初の少女モデルである。それまでの女性モデルは見かけはほぼ成人女性だった。

 

バルテュスにとってテレーズは、第二次世界大戦の足音が迫り来る暗い世相を反映したような憂鬱な雰囲気があり、それがバルテュスを惹きつけたという。

 

「夢見るテレーズ」というタイトルのとおり、目を閉じて夢の世界に没入しているような横顔のテレーズが描かれている。しかし、左膝を立てて座り、スカートの下を無防備にさらしだす。

 

そして問題は股の直下にいる猫である。は美味しそうにミルクをすすっているが、おそらくミルクをすする行為は直上にある股と結びついている。また猫はバルテュス自身を表すモチーフである。


ヘタウマと非難されがちで絵も前衛的でもなく新鮮味にかけながらも、バルテュスを最もよく理解して高い評価をしていたのはパブロ・ピカソである。ピカソは「僕とバルテュスは、同じメダルの表と裏だ」と語っている。なお1938年当時、ピカソの愛人はマリー・テレーズである。

 

若きバルテュスと巨匠ピカソ
若きバルテュスと巨匠ピカソ
パブロ・ピカソ「夢」
パブロ・ピカソ「夢」
パブロ・ピカソ「鏡の前の少女」
パブロ・ピカソ「鏡の前の少女」