【作品解説】ルネ・マグリット「レディ・メイドの花束」

レディ・メイドの花束 / Ready-Made Bouquet

普通の人と神秘性


ルネ・マグリット「レディ・メイドの花束」(1956年)
ルネ・マグリット「レディ・メイドの花束」(1956年)

概要


「レディ・メイドの花束」は1956年にルネ・マグリットによって制作された油彩作品。マグリットおなじみのモチーフである山高帽の男の背中に、ボッティチェリの「春」に描かれている女神フローラが描かれている作品です。

 

ボッティチェリの「春」に描かれる女神フローラは、その元をたどればボッティチェリの別作品「ヴィーナスの誕生」です。「春」ではそのヴィーナスに服を着せて身体を隠したものとなっています。そしてマグリットの「レディ・メイドの花束」では、山高帽の身体の一部を女神フローラが隠しています。

 

山高帽の男はマグリットのセルフポートで「匿名性」と「凡人」「どこにでもいる普通の庶民」「無もなき人」といういう意味があります。その凡庸な山高帽の男の背中に女神フローラが張り付いて、身体の一部を隠している

 

「隠す」とは「神秘性」でもあり、神秘性とヴィーナスとをかけている。「普通の人」とは、著名人や肩書のある人と違って、どう説明をしていいのか分からない。だから著名人より「神秘的」に見えることになります。

 

マグリットはこの絵について、これは帽子の男と女神フローラの結婚だといっている。