230.台湾制服女子高生で人気のイラストレーター「蚩尤」

台湾耽美の第一人者


概要


蚩尤(しゆう:1983年生まれ)は台湾を代表するイラストレーター。耽美的な画風で台湾の衣装やファッションをまとう女性を描くのが特徴で、台湾の女子生徒の制服姿を収録した作品集「制服至上-台湾女子高生制服選-」は、台湾のみならず日本でも話題となった。


2004年から洛可可有限公司に勤務。2006年に日本のイラスト雑誌「季刊エス」の14、15号に投稿。2009年には村上隆が主宰する芸術イベント「GEISAI TAIWAN 2009」に参加。同年、同人誌「CCC創作集」にイラストレーションを定期的に発表を続ける。


2012年の同人誌「We Stay,We Live灣」を刊行し、注目を集めるようになる。2014年に台湾に実在する制服女子校生を描いた作品集「制服至上−台湾女子高生制服選1−」で台湾のみならず、日本からも注目を集める。7月に日本語版を出版。

 

現在、東京・中野にある中野ブロードウェイ(中野区中野5)4階のアートギャラリー「Gallery リトルハイ」で4月29日から5月11日まで個展を開催。2015年1月に台湾の蓋亞文化有限公司から刊行されたセカンド作品集「制服至上2」の出版記念をかねた日本初個展となっている。展示作品は約30点。

 

<関連サイト>

蚩尤ブログ

蚩尤Twitter

作品集


制服至上 台湾女子高生制服選 日本語版

実在する台湾の高校54校の制服を描いた100枚を超えるオールカラーイラスト集! 日本統治時代の制服や、現在では廃止された伝統的な制服に加え、マーチングバンド、綱引き、体操、ソフトボールなど、特色のある部活動のユニフォームも多数掲載。


 制服至上2 : 臺灣女高中生制服選 中国語版

出版後まもなく品薄なほど大人気で、日本語版も出版された制服至上の第二版が満を持して出版 10万人の投票により決定された台湾南部のTOP55の制服コレクション。