【作品解説】パブロ・ピカソ「アルジェの女たち」

アルジェの女たち / Women of Algiers

伝統への理解と同時に独立


パブロ・ピカソ「アルジェの女」(1954-55年)
パブロ・ピカソ「アルジェの女」(1954-55年)

概要


「アルジェの女」は、1954年から55年の冬にかけてパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。1954年から1963年の間にピカソは古典巨匠のオマージュとなる連作をいくつか制作している。2015年5月11日にニューヨークのクリスティーズで競売にかけられ、約1億7900万ドル(約215億円)で落札された「アルジェの女」は、この頃の作品。

 

ハーレムの女性たちを描いたフランスの画家ドラクロワの「アルジェの女たち」のオマージュ作品で、。「A」から「O」までの合計15作品の連作となる。

 

ピカソは1940年の頭頃にまず、「アルジェの女たち」のラフスケッチ版を制作、またドラクロワの作品を研究するために10年かけて、定期的にルーブル美術館に通っていたという。

 

そうしているうちに、偶然、1954年から発生したフランスの支配に対する独立への8年間に及ぶアルジェリア民族闘争が発生。この時事問題に触発されピカソは制作を開始。ピカソはまたムーア人が支配していた頃のスペイン時代とアルジェリアの独立戦争を関連付けるように描いている。

 

またドラクロワが北アフリカ旅行時に、同地の強烈な陽光によって表れた光と色彩の重要性を発見して、帰国後に描いた「アルジェの女たち」へ関連付けるように、ピカソもまた北アフリカで発見したプリミティブで原始的な魅力を描いた。

 

この絵の主題は、伝統のよりよい理解と同時にそこからの自由・独立である。

 

古典巨匠、独立闘争、アフリカ(プリミティブ)の発見、娼婦街の女、これらさまざまな要素とピカソ自身の来歴を関連付けた傑作である。

 

あわせて読みたい

アヴィニョンの娘たち
アヴィニョンの娘たち
パブロ・ピカソ
パブロ・ピカソ