【作品解説】パブロ・ピカソ「母と子」

母と子

ピカソ新古典主義時代の代表作


概要


「母と子」は1921年にパブロ・ピカソによって制作された油彩作品。

 

1917年にピカソは、ロシアの芸術プロデューサー、セルゲイ・ディアギレフの「ロシア・バレエ団」の舞台衣装をデザインするためにローマを旅行する。その際にピカソは古代ローマやルネサンスなどの古典様式に大変感銘を受け、自身の作品に古典様式を導入し始めた。これがピカソの新古典主義と言われるスタイルの頃で、ドミニク・アングルの「オダリスク」や、ルノワールのヌード絵画からはっきりと影響を受けていた。

 

「母と子」は、アングルやルノワールの影響を受けて描かれた作品で、また1921年はピカソがロシアの踊り子であるオルガと結婚し、第一子が生まれた年でもある。

 

新しく父となったピカソは1921年から1923年にかけて「母と子」を主題とした作品を多数制作している。少なくとも12作品は存在している。

 

この作品では母の膝の上に子どもが座って、母に触ろうとしている。ギリシア風ガウンに身を包んだ母親は、膝の上の子どもをじっと見つめる。背景はシンプルに描かれた砂場と海と空である。

 

母と子に対するピカソの視点は感傷的なものではない。この時代のピカソ自身の人生を絵に反映化しており、家庭的な平穏性と安定性が見られる。