マウリッツ・エッシャー

M. C. Escher / マウリッツ・コルネリス・エッシャー

だまし絵の魔術師


概要


マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898年6月17日-1972年3月27日)はオランダのグラッフィクアーティスト。


幾何学的な木版画やリトグラフやメゾチントの作品が有名。エッシャー作品は、無限性や迷宮性など現実的にはありえない建築構造や空間構造表現となっているのが特徴である。

略歴


若齢期


エッシャーは1898年6月17日、オランダのフリースラント州レーワルデン、現在はプリンセス陶芸美術館の一部となっている家で生まれた。


父は土木技術者の父ジョージ・アーノルド・エッシャー、母のサラ・グレイマンはジョージの二番目の妻で、エッシャーは5人兄弟の末っ子だった。1903年に家族はアルンヘムに引っ越しし、エッシャーは1918年まで学校に通った。


エッシャーは病弱な子どもで、7歳のときに特殊学校に入れられ、二年生のときに落第した。当時から絵を描くことは得意だったが、一般的な学科の成績は良くなかったという。また13歳まで大工仕事の手伝いやピアノ教室に通っていた。


1919年にエッシャーは、ハーレムにあるハーレム建築装飾美術学校に通う。そこでエッシャーは真面目に建築学を勉強したものの、成績があまりよくなかったため(皮膚が弱かったためだっと言われる)、装飾芸術の方向へ転校する。そこでサミュエル・メスキータと出会い、交友を深める。1922年にエッシャーはドローイングやウッドカットを学んで学校を卒業する。

アルハンブラ宮殿に感銘


「8つの頭」1922年
「8つの頭」1922年

1922年、エッシャーがイタリアやスペインを旅行しているときに人生の転機が訪れる。


イタリアの田園地帯やアルハンブラ宮殿、そしてグラナダにある14世紀のムーア城に感銘を受ける。特にアルハンブラ宮殿の石の壁や天井に、パターン化され繰り返し描かれているシンメトリー構造の幾何学装飾美術は、後のエッシャー作品に強烈な影響を与えることになった。この旅行以後、エッシャーは何度もアルハンブラ宮殿へ訪れている。


またイタリアでエッシャーは、イエッタ・ウミカーと出会い、結婚。1926年には長男ジョージが生まれ、ローマに移り住んだ。後にアーサーとジャンの二人の子どもができた。


エッシャーの初期作品は風景画や自然画だった。昆虫のスケッチ画も多数書いている。エッシャー的な画が現れ始めたのは1922年の木版画作品の「8つの頭」で、結晶学とムーア人のモザイクから着想を得た平面の正則分割作品である。


エッシャー的魔術的空間の開花


「静物と街路」1937年
「静物と街路」1937年

1935年、イタリアでムッソリーニが政権が台頭すると、エッシャーはファシズムの狂信性や偽善を嫌い、また息子の病気の事情や戦争の危機から逃れるためイタリアからスイスへ移動する。


しかし、移動先のスイスでは不幸な事ばかり起きたため、1937年に家族は再び移動し、ベルギーのブリュッセル郊外へ移動する。


ベルギー時代にエッシャーは、エッシャー的な版画作品を制作しはじめる。それ以前はおもに風景画が中心だった。


1937年の「静物と街路」はエッシャー自身の内面イメージを表現したもので、エッシャーの透視法の最も基本的な作品であるといわれる。机を通して部屋が街路とつながるというもので、風景画と静物画の融合が斬新だった。1938年には、鳥の絵と魚の絵が少しずつ入れ替わるダブルイメージ的でだまし絵「空と水 1」を制作。


第二次世界大戦が勃発すると、今度はオランダのバールンへ移動、そこでエッシャーは1970年まで過ごした。エッシャーの代表作品の多くはここで制作されている。雨がよく降り、曇り空の多い日が多いオランダの気候はエッシャーと相性がよく、作品制作に没頭できたようだ。

「空と水 1」1938年
「空と水 1」1938年