山田彩加

山田彩加 / Ayaka Yamada

生・死・生成・分解を通じて「命の繋がり」を表現


概要


山田彩加(1985年生まれ、愛媛県出身)は日本の画家、リトグラフ作家。東京藝術大学、同大学院卒業。


制作コンセプトは「命の繋がり」。「生」と「死」を通じて、新たな生成と分解を繰り返していく世界観を表現している。


植物と人間が融合した人物描写が多く(猫のようなものもいる)、毛細血管と植物根をサルバドール・ダリ的なダブル・イメージ的手法で描いている。大学一年生のときに受講した美術解剖学で生物間による形態の類似性に感銘を受ける。特に血管・毛細血管と植物根の類似性を発見したためである。


また生成と分解などの変成や時間を象徴するであろう「時計」や、繋がりを象徴するであろう「鎖」などが唐突に配置されており、ルネ・マグリットを彷彿させるデペイズマン的表現をしているように思える。


一見すると銅版画に見えるモノクローム的作品は、実際はリトグラフであり、ダーマトグラフ(油性のリトグラフ用鉛筆)による手描きで制作されている。


最初は、水彩やアクリル絵画・油彩や鉛筆を使って具象絵画を描いていたが、リトグラフに出会ってから大きく表現の幅を広げるようになる。鉛筆デッサンでは得られない、リトグラフのダーマトフラフ鉛筆独特の強い線とモノクローム表現に無意識からの思いがけない表現が生まれる可能性を感じたという。


公式サイト:http://ayaka-yamada.jimdo.com/