ココ・シャネル

ココ・シャネル / Coco Chanel

シンプルで機能的な女性服を作ったデザイナー


概要


ガブリエル・ボナール・シャネル(1883年8月19日-1971年1月10日)はフランスのファッションデザイナー、シャネルブラウンドの創立者。通称ココ・シャネル。


ポール・ポワレとともに、シャネルはそれまで胸からウエスト、腰までを締め付けていたコルセットから女性を解放し、楽でカジュアルな服装を一般大衆に広め、第一世界大戦後の女性のスタンダードな服装をデザインしたことで知られる。


多彩なファッションデザイナーであり、シャネルの影響はパリ・オートークチュール界(夜会用ドレス)まで拡大。彼女のデザイン美学はジュエリー、ハンドバッグ、香水といったジャンルまで採用された。


彼女が初めて送り出した香水「シャネルNo.5」はシャネルの象徴的な製品となった。シャネルは雑誌『Time』の「20世紀に最も影響を与えた100人」で唯一ランクインしたファッションデザイナーである。


シャネルは、自らの仕事を通じて、社会的名声の獲得とビジネスウーマンの成功を達成した。また多くの芸術家や職人のパトロンとなった。特にシュルレアリスム作家との関わりが深かった。


しかしながら、シャネルの人生において、第二次世界大戦中のドイツ占領時代のフランスにおいて、ナチス関係者と多数、愛人関係を持っていたり、ナチス・ドイツへの協力により自らのビジネスを守り、拡大しようとしたことは大変な問題となった。戦後、ナチスに協力したことで、フランスでは「売国奴」として非難を浴び、スイスに亡命せざるを得なくなった。