【作品解説】ルネ・マグリット「不許複製」

不許複製 / Not To Be Reproduced

エドワード・ジェームズの肖像


ルネ・マグリット「不許複製」(1937年)
ルネ・マグリット「不許複製」(1937年)

概要


「不許複製」は1937年にルネ・マグリットによって制作された油彩作品。ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館が所蔵しています。

 

マグリットをはじめシュルレアリムの大パトロンだったエドワード・ジェームズからの依頼で制作された作品。自宅の舞踏室に飾るために制作したようです。描かれている男性はエドワード・ジェームズです。ジェームズは、鏡の前に立っていますが、ボードの上に置かれている本は正しく鏡に反映しているのに対して、男性は後ろ向きのありえないイメージとなっています。

 

置かれている本はエドガー・アラン・ポーの「ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語」です。ポーはマグリットが好きな小説家で、作品の中でよくポーの作品をヒントに制作しています。たとえば「The Domain of Arnheim」(1938年)は、ポーの同名の短編小説から引用しています。

 

マグリットはこの「不許複製」以外にも、ジェームズのポートレイト作品「エドワード・ジェイムズの肖像」や「貫かれた時間」などいくつか依頼制作での作品をを描いていますが、本作はジェームズの疎外感を表現したものと言われています。