【作品解説】ルネ・マグリット「選択的親和力」

選択的親和力 / Elective Affinities

眠っている鳥の姿と卵の親和性


ルネ・マグリット「選択的親和力」(1933年)
ルネ・マグリット「選択的親和力」(1933年)

概要


「選択的親和力」は1933年にルネ・マグリットによって制作された油彩作品。作品タイトルはゲーテの「選択的親和力」という言葉から引用している。

 

鳥と卵の親和性が主題となっているデペイズマン作品

 

ある夜、マグリットは眠っている鳥が入れられたケージが置かれた部屋で目覚めた。そのときマグリットは眠っている鳥が卵に見え、鳥と卵という2つのオブジェクトの偶然の親和性と詩的さに、ショックを受けて制作を始めたという。