【作品解説】ルネ・マグリット「恋人たち」

恋人たち / The Lovers

神秘のベールに包まれた恋人たち


ルネ・マグリット「恋人たち」(1928年)
ルネ・マグリット「恋人たち」(1928年)

概要


不穏な雰囲気で愛し合う二人


「恋人たち」は、1928年にルネ・マグリットによって制作された油彩作品。男女が口づけを交わしているが、二人の頭は布で覆われている不思議な絵です。

 

「恋人たち」という主題は、西洋美術史では伝統的なものであり、この手垢のついた表現をマグリットは顔を隠し、不穏な感じにすることによって、見る者を幸せそうであるというより、むしろ不安にさせ、動揺させようとしました。

 

布で覆われた顔のモチーフは「恋人たち」だけでなく、マグリット作品において頻繁に現れます。この理由としては2つあります。

 

1つは、フランスの探偵小説「ファントマ」に出てくる正体不明の素顔の分からない主人公。マグリットはこの作品の大ファンだったことでよく知られ、繰り返しファントマの絵を描いています。

 

もう1つはマグリットが14歳のときに入水自殺した母の影響です。母の遺体が川から引きあげられた際、濡れたナイトガウンがまくり上がって顔を覆っていた光景に大変なショックを受けたといいます。以後、顔を隠すマグリット作品に大きな影響を与えているとのことだが、マグリット自身は母親の影響については否定しています。