ジャクソン・ポロック

ジャクソン・ポロック / Jackson Pollock

アクション・ペインティングの旗手


概要


ポール・ジャクソン・ポロック(1912年1月28日-1956年8月11日)はアメリカの美術家。抽象表現主義ムーブメントを先導した代表的な人物で、キャンバスを床に置いて絵具缶から直接絵具を滴らせるドリップ・ペインティングという独自のスタイルを展開。

 

シュルレアリスムの「無意識」と「オートマティスム」の概念に関心を示し、そこから絵具を直接滴らせる「ドリッピング」や、絵具を垂らす「ポアリング」を発明。それらは「アクション・ペインティング」というハロルド・ローゼンバーグの論文「アクション・ペインティング」と結び付けられるようになった。

 

ポロックは、キャンバスをの周辺を動きまわりながら描くため、伝統的な意味での構図的な軸、中心を欠いた無指向性の画面になっていることも革新的である。それはアナーキーな混沌や無秩序ではなく、画家の全身を使ったアクション・ジェスチャーである。

 

1956年、44歳のときに酒飲運転が原因で事故死。数カ月後、抽象表現主義の代表者で、またアメリカの現代美術の開拓者として、MoMAで回顧展が開催され、その後もより大きなスケールの回顧展が何度も開催されている。


略歴


若齢期


ポロックは1912年にワイオミング州パークで5人息子の末っ子として生まれた。母ステラ・メイと父リロイ・ポロックはともにアイオワ州のティングリーで生まれ育った。

 

母親はかつて芸術家を志していたため、母の影響で、フロイト、ストラヴィンスキー、ダダの文芸などに囲まれた環境で育つ。

 

父親は農家だったが、のちに土地測量士となる。土地測量士はアメリカ中を移動する仕事だったため、幼い頃のジャクソンは、アリゾナ、チコ、カリフォルニアなどさまざまな地域を父親とともに移動しながら育った。

 

高校で抽象美術の基礎や彫刻、神智学を学ぶ。

 

1930年に兄のチャールズ・ポロックのあとを追ってニューヨークに移動。アート・スチューデンツ・リーグ・オブ・ニューヨークでポロック兄弟はトーマス・ハート・ベントンのもとで学ぶことになった。

 

ベントンが描く主題はアメリカの地方の風景画だったが、ポロック作品にほとんど影響を与えなかった。しかし、絵具のリズミカルな使い方やベントンの強い自立心は強く影響を与えた。1930年代初頭、ポロックはグレンラウンドとともに西アメリカを旅行して過ごした。

 

1938年から1942年の世界大恐慌の間、ポロックは連邦美術計画に参加して過ごした。

 

1938年から1942年にかけてポロックはアルコール依存症に対処しようと、ジョセフ・ヘンダーソン博士のもとでユングの心理療法を行なった。最近の研究ではポロックは、双極性障害を患わっていた可能性もあるという。

 

 

初期キャリア


ポロックは1943年7月にペギー・グッゲンハイムの画廊と契約を結ぶ。彼女の新しい別荘の入口に飾る絵として横20フィート、高さ8フィートの壁画『Mural』(1943年)制作の依頼を受けることになった。

 

彼女の親友でアドバイザーのマルセル・デュシャンの提案で、ポロックは壁に直接絵を描くのではなく、あとで、持ち運びできるようにキャンバスに絵を描くことにした。巨大な壁画を見た美術批評家のクレメント・グリーンバーグはこう書いている。

 

『ジャクソンはアメリカが生み出した最も素晴らしい画家だ。』

 

また、ポロックの初個展のカタログでグリーンバーグは以下のように評した。

 

『火山のよう。彼はマグマを宿している。それはいつ噴火するか予測できないが、規律がある。鉱物を豊富に含み外部へ溢れでるが、まだ結晶化していない。』

 

1945年10月に、ポロックはアメリカ人画家のリー・クラスナーと結婚する。11月に彼らはニューヨーク州南東部にあるロングアイランドのイースト・ハンプトンに移る。ペギー・グッゲンハイムからローンの頭金を借りて、木造の家と納屋を購入。納屋をアトリエとして利用した。

『Mural』(1943年)
『Mural』(1943年)

ポロックは1936年にメキシコの壁画家ダビッド・アルファロ・シケイロスが主宰するニューヨークの「実験工房」で、液体塗料を導入しはじめた。のちの1940年代初頭に「ポーリング」という液体を流しこんで線を描く手法を使いはじめる。

 

第二次世界大戦中に戦禍を避けてアメリカに避難していたシュルレアリスト達との交流や、かねてから尊敬していたパブロ・ピカソやジョアン・ミロ、アンドレ・マッソンらの影響により、しだいに無意識的なイメージを重視するスタイルになる。

 

この後、ポロックはキャンバスをスタジオの床に置いて、顔料を撥ね散らし、滴らせる「ドリッピング」という手法や「ポーリング」を開発する。代表作品として『男と女』(1942年)や『Composition with Pouring 』(1943年)がある。

 

ポロックのドリッピングやポーリングによる方法は「アクションペインティング」という言葉の起源とされている。

 

この方法をでポロックはキャンバスを直立させて表面に絵を塗るというこれまでの慣習を否定。キャンバスを床に寝かせて描くという新たな芸術方法を打ち立てた。

 

また、アクションペインティングはあらゆる角度から描けるという点も大きな特徴だった。

『男と女』(1942年)
『男と女』(1942年)
『Composition with Pouring 』(1943年)
『Composition with Pouring 』(1943年)

ポロックに影響を与えたものとしてウクライナ系アメリカ人アーティストのジャネット・ソベルがいる。ペギー・グッゲンハイムは1945年に自身の今世紀芸術画廊でソベルの作品をコレクションしていた。

 

ジャクソン・ポロックとクレメント・グリーンバーグは1946年に画廊でソベルの作品を鑑賞する。

 

クレメントバーグのエッセイで「ポロックはソベルの絵画は自身に影響を与えていることを認めていた」と書いている。

 

アクションペインティング


アクションペインティングを始めてから、ポロックは造形的な表現から離れ始め、またイーゼルとブラシを使った西洋伝統絵画に挑戦を始めた。

 

ポロックは全身を使って、床に置いた巨大なキャンバスに絵を描き始めた。

 

1956年に『Time』誌はポロックの絵画スタイルを『ジャック・ザ・ドリッパー』と評した。

 

「私の絵画はイーゼルから生まれるのではない。絵を描く前にキャンバスを張ることはめったにない。枠に張っていないキャンバスを、硬い壁や床に鋲で留めるほうがいい。私には硬い表面の抵抗が必要なのだ。床の上では、私はより気楽でいられる。より絵に近くに、より絵の一部であるように感じられるのである。

 

絵の中にいるとき、私は自分が何をしているのかわからなかった。一種の「馴染む」時期を過ごして、自分がしてきたことを理解する。私は変化したりイメージを破壊したりすることを恐れない。なぜなら絵画はそれ自身で生命を持っているからだ。私はそれを全うさせてやろうと思う。結果がめちゃくちゃになるのは、絵とのコンタクトを失った時だけである。そうでなければ、純粋な調和、楽々としたやり取りがあり、絵はうまくゆく。「マイ・ペインティング」」

 

1950年にヴィネツィアビエンナーレに出品し、コレール博物館で個展を開催。翌51年、ベティ・パーソンズで大個展。写真家ハンス・ネイムスによるポロックのフィルムが初上映され、国際的な人気が絶頂となる。