フェミニン・アート

フェミニン・アート / Feminine Art

女性らしいアート


概要


フェミニン・アートは、女性ならではの独特な芸術表現である。明確な定義はまだないが、よく使われるモチーフは、子宮、胎児、へその緒、出産など。女性器の形態や機能を活用した女性作家の作品群である。


フェミニスト・アートと重なる部分もあるが。フェミニスト・アーティストの多くは、特にフェミズムを主張しているわけではないという特徴がある。


近いものとして、フェミニン・シュルレアリストがある。シュルレアリスムほど女性のイメージを、男性の創作活動の核心として位置づけた芸術運動はなかった。いかなる美術集団も運動も、女性の革命的な役割をこれほどまでに明確にはしなかったのである。これほど多くの行動的な女性が参加した芸術ムーブメントはほかになく、彼女たちの存在は様々な作品や記録の中に封印されている。

代表的作家


草間彌生
草間彌生

ミロ・モアレ
ミロ・モアレ
真珠子
真珠子
桂典子
桂典子

フェミニン・シュルレアリスト


アイリーン・エイガー
アイリーン・エイガー
ケイ・セージ
ケイ・セージ
ガラ・ダリ
ガラ・ダリ

トワイヤン
トワイヤン
ドラ・マール
ドラ・マール
ドロテア・タニング
ドロテア・タニング

フリーダ・カーロ
フリーダ・カーロ
メレット・オッペンハイム
メレット・オッペンハイム
モンパルナスのキキ
モンパルナスのキキ

レオノーラ・キャリントン
レオノーラ・キャリントン
レオノール・フィ二
レオノール・フィ二
レメディオス・バロ
レメディオス・バロ