ロイ・リキテンスタイン

ロイ・リキテンスタイン / Roy Lichtenstein

パロディ・ポップ・アート


概要


ロイ・フォックス・リキテンスタイン(1923年10月27日-1997年9月29日)はアメリカのポップ・アーティスト。1960年代にアンディー・ウォーホルやジャスパー・ジョーンズやジェームス・ローゼンクイストらとともに新しいアートムーブメントを引率した代表的な人物である。


パロディを通じたポップ・アートが基本的な作品姿勢で、インスピレーションの源泉となっているのは主に新聞に描かkれる大衆漫画。それら大衆漫画をモチーフにして、明るく、平面的で均整のとれた構図、またモンドリアンの赤・青・黄の「コンポジション」を継承した構図でもってユーモラスに描く。また最初のアクリル絵具「マグナ」を使って、絵を描き始めたことでも知られる。


『Whaam!』『Drowning Girl』『Oh, Jeff...I Love You, Too...But...』などが一般的に認知されている作品で、最も後世に影響を与えてる。特に広告業界とコミック業界に大きな影響を与えている。日本では東京都現代美術館が所有している『ヘアリボンの少女』が広く認知されている。『花の咲く帽子の少女』は2013年5月15日にオークションでリキテンスタイン作品で最も高額記録を達成させた。

「Whaam!」(1963年)
「Whaam!」(1963年)
「Oh, Jeff...I Love You, Too...But...」(1964年)
「Oh, Jeff...I Love You, Too...But...」(1964年)