【作品解説】マルセル・デュシャン「自転車の車輪」

自転車の車輪 / Bicycle Wheel

デュシャンの最初のレディ・メイド作品


マルセル・デュシャン「自転車の車輪」(1916-1917年)
マルセル・デュシャン「自転車の車輪」(1916-1917年)

概要


「自転車の車輪」は1913年にマルセル・デュシャンによって制作されたレディ・メイド作品。自転車の前輪を取り外して、木製の台所用の椅子の上に逆さまにしてネジ留めし、立てかけています。

 

1913年にパリのスタジオにいるとき、なんとなく自転車の車輪を逆さまにして台に乗せて回して見ているときにこのアイデアを考えきました。当時は、特にレディ・メイド制作を意図して制作されたものではありませんが、これが最初のレディ・メイド作品として知られるようになりました。

 

タイヤを回すとスポークがぶれて、やがて目には見えなくなり、回転が遅くなるにつれてまた見えてくる車輪が、デュシャンの気持ちをなごやかにしてくれたようです。デュシャンはこのようにコメントしています。「車輪が回転しているのを見ると和やかな気分になった。それはまるで暖炉の火を眺めているときのように」。

 

オリジナルの「自転車の車輪」をパリに残したまま、デュシャンは1915年にニューヨークわたります。そしてここでも「スタジオに一種の創造された雰囲気をかもしだす」ために、レプリカ「自転車の車輪」セカンドバージョンを制作。この頃に「レディ・メイド」という言葉も思いつきましあ。

 

「自転車の車輪」は最初のキネティック・アートともみなされています。

 

1913年に制作オリジナル版は消失、セカンドバージョンも紛失しています。1951年にレプリカ版が制作されました。

<参考文献>

Bicycle Wheel - Wikipedia

・マルセル・デュシャン展 高輪美術館、西武美術館

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    pop (日曜日, 12 6月 2016 23:41)

    ok