【作品解説】マルセル・デュシャン「ホワイト・ボックス」

不定法で(ホワイト・ボックス) / In the Infinitive(The White Box)

7つのグループに分類されたメモ集


マルセル・デュシャン「不定法で(ホワイト・ボックス)」(1967年)
マルセル・デュシャン「不定法で(ホワイト・ボックス)」(1967年)

概要


「ホワイト・ボックス」は1967年にマルセル・デュシャンが制作したオブジェ作品。79枚のメモを白いプレキシグラスの箱におさめたもの。ケースの表面には、「大ガラス」の水車の部分がシルク・スクリーンで刷られています。

 

デュシャンは晩年になって「グリーン・ボックス」と同時期のメモの複製を集めた箱「ホワイト・ボックス」を発表しています。メモの複製は「グリーン・ボックス」と同様、実物に忠実な形でなされていますが、こちらは全体のメモを7つのグループに分類しているのが特徴です。

 

それは「思弁」「辞書と地図」「色彩」「ガラスとの新しい関連」「外観と出現」「透視図法」「広がりと連続」の7つです。ただし各グループ内のメモの配列は、グリーン・ボックス同様順不同となってます。

 

最大の特色は多次元幾何学に関するメモで、1913年頃にデュシャンがポワンカレ、ジェフレ、ポウロウスキーなどの著作から学んだものです。また具体的な絵具の配合のメモもあり、グリーン・ボックスよりも実際的な面があります。

 

マルセル・デュシャンTop

 

<参考文献>

・マルセル・デュシャン展 高輪美術館 西武美術館