ミロ・モアレ「ブルー・モーリシャス」

大自然とヌードのプリミティブ・ダブルイメージ


概要


「青いモーリシャス」は2015年にミロ・モアレによって制作されたコンセプチュアル・アート。絵具が詰まった卵を膣から落として絵を描く「プロップ・エッグ」シリーズの最新作である。インド洋に浮かぶモーリシャス島の優雅な自然からインスピレーションを受けて制作に至ったという。


ミロ・モアレは、モーリシャス島南部の自然生成されたけわしい崖の上に立ち、「プロップ・エッグ」を膣にはさみ、キャンバスに向かって産み落とす。キャンバス上には青と緑の美しい旋律で生成された抽象画ができあがる。それは、モーリシャス島の理想的なイメージだ。モアレは優雅な夕焼けのモーリシャス島をバックに「ウ〜ッ!」お産声をあげる。出来上がったそのイメージはモアレ自身のポートレイト作品でもあるのだ。


聖人と罪人でもなく、モーリシャス島の自然に溶け込んだそのヌード・パフォーマンスは卑猥性もなく、また古典的なヌード絵画のような聖性もない。そこにあるのはただ「プリミティブ」だ。


あわせて読みたい

草間彌生
草間彌生
マリーナ・アブラモヴィッチ
マリーナ・アブラモヴィッチ
桂典子
桂典子
真珠子
真珠子