フリーダ・カーロ

フリーダ・カーロ / Frida Kahlo

セルフ・ポートレイト


概要


フリーダ・カーロ(1907年6月6日-1954年6月13日)はメキシコの画家。セルフポートレイト作家として一般的に知られている。


カーロの人生は、メキシコシティの彼女の生家「青い家」で始まり、同じく「青い家」で終わった。彼女の作品はメキシコや先住民族の伝統の象徴として祝われており、また女性的な感覚や形態を率直に、また冷徹な視点でもって表現したフェミニン・アーティストとして、フェミニストたちから評価が高い


メキシコ文化とアメリカ文化の伝統が彼女の作品において重要であり、美術史において素朴派や土着固有のフォークアートとして、位置づけられることもある。


シュルレアリスムとしても評価が高く、実際に1938年にシュルレアリスムのリーダーアンドレ・ブルトンから「フリーダの芸術は爆弾に結ばれたリボンである」と絶賛された。なおフリーダ自身は、シュルレアリストとラベルをはられることを拒否しており。自身の作品は夢よりも自身の現実を反映したリアリズム志向であると主張していた。


カーロは幼少の頃のバスと路面電車の交通事故の後遺症で苦しんだ。交通事故の傷を癒やすためにほかの人から3ヶ月ほど隔離生活を余儀なくされたことは、彼女の作品に大きな影響を与えている。この後遺症は死ぬまで続き、晩年は右足の血液の循環が不足して指先が壊死、切断。


カーロはメキシコ壁画運動で知られるメキシコ人画家ディエゴ・リベラと結婚したものの、結婚生活は苦しいことが多かった。結婚後、3度妊娠したが、幼少期の自己の影響で骨盤や子宮に損傷を受けていたことから3度とも流産。これらの出来事はカーロに深い影を落とし、その後の作品に大きな影響を与えることになる。さらに妹と、浮気症の夫リベラの不倫、カーロの芸術的成功を妬むリベラとの夫婦間の熱が冷める。


「私はほとんどの時間を一人で過ごすし、自分のことは自分がいちばん知っているから、自分を描くのです」と語っている。