【作品解説】アンディ・ウォーホル「マリリン二連画」

25のマリリン・モンローの明るい顔と暗い顔


概要


「マリリン二連画」は1962年にアンディ・ウォーホルによって制作されたシルクスクリーン作品。ウォーホルの代表作品の1つでカミーユ・パミラをはじめ多くの批評家から賞賛されている。


この作品は1962年8月にマリリン・モンローが死去した直後に制作されたもので、キャンバスに50ものモンローの顔を描かれている。描かれているモンローの顔は1953年に公開されたマリリン・モンロー主演のカラー映画『ナイアガラ』の宣伝広告用の写真を元にしている。


画面左側に敷き詰められた25のモンローの顔は明るく着色されているが、画面右側の25のモンローの顔は黒と白のモノクローム調になっている。キャンバスの"左右の関係性"やモンローの"生と死の関係性"など、モンローの人生における出来事や意味を多重的に見せる形で画面が構成されているのがポイントである。これに近い表現方法は、シュルレアリストことサルバドール・ダリのダブルイメージやマルセル・デュシャンの作品群などがある。


「マリリン二連板」は現在テートが所蔵している。2004年12月の『ガーディアン』の記事において、本作品は500人の芸術家、批評家たちのアンケートで、現代美術で最も影響力のある作品の1つとして選ばれた。



アンディ・ウォーホルTopへ戻る

アート・ワールドTopへ戻る

あわせて読みたい

サルバドール・ダリ
サルバドール・ダリ
ローズ・セラヴィよ、何故、くしゃみをしない?
ローズ・セラヴィよ、何故、くしゃみをしない?