【作品解説】ジョルジョ・デ・キリコ「モンパルナス駅」

モンパルナス駅 / Gare Montparnasse

幸福へ向かうのか悲しみへ向かうのか


ジョルジョ・デ・キリコ「モンパルナスの謎」(1914年)
ジョルジョ・デ・キリコ「モンパルナスの謎」(1914年)

概要


「モンパルナスの謎」は、1914年にジョルジョ・デ・キリコによって制作された油彩作品。

 

キリコの作品は、旅行時にインスピレーションを受けて制作されたものが多く、本作はタイトルの「モンパルナス」が示すとおり、パリに住んでいた時にモンパルナス駅にインスピレーションを受けて制作されています。

 

キリコ独自の様式である形而上絵画の初期作品で、夕焼けのような明るい金色の光と、長く伸びた黒い影のコントラストの対比、時計台、アーチや巨大柱に焦点を置いたギリシア古代建築を想わせる建物、人影、汽車といったキリコ定番のモチーフが配置されています。

 

ほかの作品と異なるは手前にバナナの束が配置されていることでしょう。この作品以外にもバナナが主題となる作品は「詩人の不確かさ」などいくつかあり、バナナの束はキリコにとって黄金と甘く完熟した贅沢な食べ物で「幸福」を象徴しています。

 

なお、キリコにとって汽車は「故郷」や「子供時代」を象徴しており、後景遠くに汽車が置かれ、前景にバナナが置かれ、そしてその中間に人影が配置されています。時間は午後1時30分。夕焼けというにはまだ早い時間。人影は前に向かって進んでいるのか、後方に進んでいるのか…… バナナの側の大きな影が不安を呼び起こします。

 

ジョルジョ・デ・キリコへ戻る