江戸川乱歩

江戸川乱歩 / Ranpo Edogawa

探偵小説のパイオニア


概要


江戸川 乱歩(1894年10月21日-1965年7月28日)は、日本の小説家。評論家。日本における推理小説のさきがけとされ、推理小説専門の評論家としても活躍、「江戸川乱歩賞」を設立して新人作家の育成も積極的に行った。ペンネームはアメリカの作家、エドガー・アラン・ポーに由来する。また少年向けとして、明智小五郎と小林少年や少年探偵団が活躍する『怪人二十面相』などがある。



作品解説


人でなしの恋
人でなしの恋
鏡地獄
鏡地獄