根本敬「特殊漫画大統領」

根本敬 / Takashi Nemoto

特殊漫画大統領


概要


根本敬(1958年6月28日生まれ)は日本の漫画家、著述家、映像作家、コレクター。「特殊漫画家」「特殊漫画大統領」などのニックネームで知られる。

 

1981年に日本で最もアンダーグラウンドなコミック誌だった月刊漫画「ガロ」で漫画家としてデビュー。以後、休刊するまで「ガロ」を中心に多くのマンガ作品を発表。「ガロ」休刊、および雑誌ブームが終焉した2000年代以降は、青林工藝舎のマンガ雑誌「アックス」や、アップリンクの「映像夜間中学」をはじめ、おもにインディーズ媒体で作家活動を続けている。

 

根本の作品の多くは、信じられないほどの不幸が重なり続けるキャラクター村田藤吉とその家族の物語がシュルレアリスティックに進行する。作品の多くは一般的な良識から嫌悪対象となるものの、一方で熱狂的なファンも多く持ち、日本のみならず世界中のアンダーグラウンド・シーンに影響を与えている。

 

著述家としても才能を発揮しており、奥崎謙三や川西杏など根本が人生で出会った個性的な人々を綴った「電気菩薩」や「人生解毒波止場」などは人気が高い。