【作品解説】マルセル・デュシャン「折れた腕の前に」

折れた腕の前に / In advance of the broken arm

新大陸と旧大陸の差異


概要


「折れた腕の前に」は1915年のマルセル・デュシャンのレディメイド作品。「レディメイド」という名称で呼ばれた最初のオブジェ。1915年にニューヨークにいたデュシャンは金物屋で雪掻きシャベルを買い求め、その上に「折れた腕の前に」と書きました。

 

デュシャンによれば、タイトルには何の意味もないといいます。

「それは1本の雪掻きシャベルで、私はそれが何の意味も持たないタイトルを望んでいたのですが、実際には何かしら意味を持ってしまうのですね、しかし私は、とくに英語では、それが何ら重要性を持たないと思ったのです。もちろん、連想は容易です。雪かきしているときに腕が折れるかもしれない。でもやはりそれはちょっと単純すぎる。」

 

雪掻きシャベルの批評には、ミシェル・ピュトールの興味深い指摘があります。

 

「雪掻きシャベルは、アメリカ的なもの、すぐれてニューヨーク的なものとして見える。それは、そのころパリの家庭にどこにでもあるもので、デュシャンがレディメイドとしても利用したボトルラックと同じように、ニューヨークの家庭ではどこにでもあるものだった。しかし、雪掻きシャベルはその頃のパリにはなかった品物である。従って雪かきシャベルは、離れてきた旧大陸と新大陸の間の差異の標識となり、タイトルの「折れた腕の前に」には内的葛藤の強迫観念が結びついている。」

 

実際に、デュシャンは、この後、こうした旧大陸と新大陸の差異を抱え込み、新旧両大陸を何度も行き来しながら、次第に制作の本拠をアメリカへ移行していきました。

 

マルセル・デュシャンTop